FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「24才からのビジネス教科書」 篠上芳光著



「サイバーエージェントの代表取締役社長CEOの藤田晋さんは、インターネットを使いこなすと同時に、毎日、
新聞6紙をむさぼるように読んでいるそうです。インターネットというものは結局のところ、自分の興味のある
ところだけをクリックして見てしまうものだけに、思わぬ落とし穴があることに気づいているからでしょう。
重要な情報をもれなく蓄えておくためには、新聞はビジネスに欠かせない情報源なのです。新聞をよんでいない
社員は話をすると、すぐにわかります。上司からすると、頼りない社員ですね、と藤田氏は言い切ります。」

「受験勉強以外に何を勉強すればいいかを問われれば、私は迷うことなく、地図を見なさい、歴史を学びなさい、と答えるでしょう。同じことを若いビジネスパーソンにもおすすめします。他にも音楽、たとえばモーツァルトを
とことん聴いたり研究したり、あるいは江戸文化を追求するのでも構いません。ビジネス以外に、趣味でもいいですから何か勉強するものを見つけてほしい。それは賢い大人に不可欠な教養の血肉になってくれるからです。」

「伊藤忠商事会長の丹羽宇一郎さんは、通勤の往復に本をよみたいがために、住まいを始発駅に移したほどの読書家です。あるIT企業の社長は週5冊、通勤の往復で読むことを自分に課しています。その理由は、ビジネスのヒントを得る最強の媒体は書籍だと痛感しているからです。」
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「孤独のチカラ」 斉藤孝著



「孤独」をポジティブに変換する、「孤独の技法」をお教えします!ひとりぼっちの底から力をつかめ!現代人に最も読まれるべき、熱き孤独の書。


「精神科医のR・Dレインによれば、自己と肉体に一体感を感じている、身体化された人間は、他者や世界との関わりに現実感を持てるが、自己と肉体が断絶して、事故が真の自己(内的自己)とにせ自己とに分裂してしまうと人は現実感や身体感覚を失い、体験を現実のものとして近くできなくなる。このように、身体化されていない、世界との間に亀裂が生じている人間は、生の実感を持つことができない。また、世界の中でくつろぐこともできない。・・・・逆に言えば密接に連合した自己と身体が外の世界とつながっている感覚をもつことで、ひとりでいても充たされている手応えを得られる。つまり孤独に押しつぶされないためには、体との一体感を大切にし、仲良くしておくことが基本である。このことは意外に軽んじてはいけない。自己自身の体を快適に感じると、自分と関わる誰かがいなくても精神は心地よくいられるのだ、自分ひとりでも平気だと思えると、肝がすわる。・・・・ひとりきりになったときに、寂しさにからめとられてしまう人は、自分の体に向き合っていない人が多い。周囲ばかり気にしてしまうのである。」


【コメント】
生きている瞬間瞬間の中に、確かに一体感のないことがあるのは確かですね。どこか別の世界で生きているような。自分ひとりでも充実感を得られる、その状態を保てるようにすることは現代に求められるスキルかと思います。うつ症状を持っている人は、きっと他人の評価に自己を持って行かれすぎているのではないかと考えます。なぜそう思うかというと、自分があまり調子の良くないときは、そういったような感覚、つまり自己と肉体の一体感が感じられないような時があったからです。





「人は死から目を背けているうちは、自己の存在に気を使えない。死というものを自覚できるかどうかが、自分の可能性を見つめて生きる生き方につながるというのが、ハイデガーの主張である。・・・・ラテン語にメメントモリ(死を思え)という言葉があるように、自分が死すべき存在であることを忘れなければ、自分が時間的制約の中の存在であること、つまり生は限定された時間をどう生きるかという真剣勝負の場であることを意識することができる。本来的な自分の存在のあり方を考えるようになる。それによって、できるだけ今を充実させようとし、現在の意味が変わってくることがあるというわけだ。」


【コメント】
生きていく上で、死を意識し始めたのは、 あるとき、夜中に目が覚めて、自分が死ぬ存在なんだということをはっきりと自覚した瞬間だった。どういう感覚だろうか。とにかく、夜中にいきなり目が覚めて、いつか自分は死ぬ、ということが頭にあるんだ。それを思うと、生きていられることにものすごく感謝できるようになったし、かけがえのないものなんだと思えるようになった。


ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「史上最高のセミナー ポケット版」 マイクリットマン・ジェイソンオーマン共著


ビジネスで莫大な財産を築き上げてきた海外の人たちが語る、本当に大切なこととは。タイトル通り、史上最高のセミナーと言える。ラジオ番組に偉大な人物を呼び、インタビュー形式で質問に答えていってもらい、その内容を文字にしたもの。
よかったところ。

「望むものを追求する過程で、自分がどんな人間になっているかに注意するんだ。自分の信条を金のために売ってはいけない。自分の価値観を曲げてはいけない。そうすることで何かを手に入れたとしても、きっと後味の悪い想いをするだろうから。(ジム・ローン)」


【コメント】
かもめのジョナサンという小説がありますが、その物語を思い出しました。理想を目指して、自分の信念だけを信じてかもめが成長していくストーリーですが、金には目もくれず、非常に綺麗なストーリーです。金と成功ってなんなんでしょうね。





「その日の計画を終える前に、その日を始めてはいけない。これは管理職、そしてリーダーシップの鍵だ。だがこれはまた、家庭にいる母親の鍵でもあるんだ。誰にとっても重要なことなんだよ。・・・・・というのも、一日一日が人生全体を形作るモザイクのかけらだからだよ。(ジム・ローン)」


【コメント】
モザイクのかけらという表現がしっくりきますね。





「わたしたちはみな自分たちの状況を笑い飛ばす必要があるんだ。というのは、わたしたちはみな人間として同じ状況に置かれているからだよ。正しく見ることさえできれば、わたしたちの弱点は笑えるものなんだよ。(マーク・ビクター・ハンセン)」


【コメント】
笑い飛ばす、必要が、ある、という言葉の羅列には、新鮮さを感じ、まさにそうだと。笑い飛ばせば乗り越えられることって実はたくさんある。





「1つ目は、自分が真に望むものを見つけること。・・・・自分が真に望むものがはっきりすればするほど、それを達成するのは容易になるんだ。2つ目の原則はそれを書き出すことだよ。ほかのすべての同業者と異なるのは、私の場合、できるだ多くの目標を持つことをすすめている点だ。わたしは6000以上の目標を書面に書き出しているよ。(マークビクターハンセン)」


【コメント】
6000て、すごっ!!負けてられませんね。ということで僕は7000の目標を書くとしましょうか。と思って、目標を書いてみましたが、200書くのすら本当に時間がかかる。というか、逆にいうとそんなに目標を書いても優先順位の高いものからしか取り組めないことに気づいた。どういう仕組みでその目標を達成しているのか気になるところだ。





「わたしは誰でもいつもよりほんの少しだけ早めに起きたほうがいいと思っているんだ。そのあとトイレに行って、戻ってきたら、瞑想し、計画を練り、熟考し、最後に一日の無事を祈る。このあいだ、15~30分かな。1日を実際に始める前にこれをするといい。誰にも邪魔されない静かな環境のなかでね。今日一日が、自分にとって理想的な一日になると確信しなければいけない。一日を思い返している自分を心の中で想像するんだ。つまり就寝時、その日一日を評価している自分をね。その日に起こったすべてのできごとは自分が期待したのと比べて同じくらいうまくいったか、それともはるかにうまくいったか確かめるんだ。(マークビクターハンセン)」


【コメント】
取り入れたい習慣です。





「ナポレオンヒルは死の床で、二つのことを言った。ひとつは、明確で大きな目標を持ちなさいということ。それは自分を超える大きな目標を持つという意味だよ。違いを生み出し、遺産を残せるようなレベルへと自分を引き上げてくれるような目標のことだ。そしてもう一つは、ともに同じ目標を目指すチームを持ちなさいということだ。(マークビクターハンセン)」


【コメント】
チームを持つって表現がいいですね。友達ではなく、チーム。1+1が3にも4にも、10000にだってなるかもしれません。





「(この番組が終わったあとすぐにでも実践できる、正しい方向へ進むためのシンプルなステップを一つ教えていただけませんか?)非常に成功している人物で自分が共鳴できる誰かを見つけることだね。そしてこれからの二年間、その人物から学ぶことだよ。成功者から学ぶことなく大成功を収めた人はいないからね(マークビクターハンセン)」


【コメント】
メンターってやつですね。





「体重を何キロくらいにしたいか?収入がどのくらいほしいか?どんな車がほしいか?毎日数分、そうした願望をすでに達成したかのように視覚化してみるといい。(ジャック・キャンフィールド)」


【コメント】
最近、無意識に寝る前にこのイメージトレーニングのようなものをやっていた。そうするといい感じに眠りにつけるんです。あとは、すでに達成したかのように、というのはよく言われることであるが重要なポイントで、どうやらその状態であるかのように振舞うことで、その状態に気づいたらなっている、ということが起こりうるらしい。精神世界の話ではあるが、ないこともないと思っている。強烈なイメージ、の重要性は常に言われているからだ。
ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「明日、会社がなくなっても、自分の名前で勝負できますか?」 川上徹也著


>タイトルのインパクトに惹かれ購入。本を選ぶときに、内容よりもまずタイトルがよくなければ手に取らない。そういった点ではこの本は手にとってもらえる本だ。
良かったところ。
「タレントの証やさんまさんが、高校を出て師匠の笑福亭松之助さんに弟子いりしたころの話だ。さんまさんは、ずっと師匠の家の掃除をやらされていたという。そんなある日、師匠はさんまさんが掃除をしているのを見て、それおもろいか?と問いかけた。さんまさんは正直にいえ、おもしろくないですと答えた。するとはそらそやろ。そんな仕事おもろいわけあれへん。といって少し間を空けてから、そやけどな、ええこと教えたろか。そんなおもろない仕事をどうやったらおもろなるか考えるのはおもろいでといったという。19歳のさんまさんは衝撃を受けて、なるほどと思い、それから掃除などの作業が苦でなくなったという。」

→この一節は、この本を読んでから、ずっと頭に焼き付いている。この一行を知ることができただけでもこの本を買った甲斐があるなと思う。与えられたもののなかから、どうすれば楽しくなるのか、それを考えるのは実は一番楽しいことなんじゃないかと思う。それこそが本当のクリエイティビティだし、オリジナリティだ。話は変わるが、明石家さんまは真面目そうに自分のことを見せていないが、本当はものすごい真面目で、物事を深く考えている人だと感じる。それが言葉の節々にも出てしまっているし、断固たる哲学がある上で、結果的にああいう底抜けに明るく前向きな自分を演じることこそが自分の中での絶対的な信念としてあって、正しいことだという確信があるものだと思う。きっと、くよくよしていたりマイナス思考に陥って自分を卑下して満足している人たちを見て、憤りを覚えたこともあっただろう。
ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

あらこう318

Author:あらこう318
月に10冊を目標に、ひたすら読書にはげみ、人間力を高めようとしています。
そのため、ほかの方が普段読む量の数倍の読書をしています。その中から、特におすすめできる本を紹介し、読書録も兼ねます。衝撃を受けたフレーズや、是非とも記憶にとどめておくべき文節を厳選して紹介いたします。友達申請歓迎です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク
提携先
検索フォーム
あらこう318おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。