FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術」 ロビー・ケルマン・バクスター著※176冊目

bte.jpg


あなたの会社には定期収入がありますか?

毎月決まった額の給料が振り込まれるのと同じように、毎月決まった額(もしくはそれ以上)の売上があれば、
どんなにビジネスの不安が取り除かれるでしょうか。

また、あなたの会社の収益は、どこから得られているでしょうか。


もしひとつの企業からの請負業だとすると、その取引先から切られたら......。
たちまち会社は倒産の危機に陥るかもしれません。

そういった不安を取り除いてくれるのが「会員制ビジネス」。
簡単に言ってしまえば、数多くの有料会員を集め、彼らから定期的な収入を得るビジネスです。


今、シリコンバレーでは、新しい会員制ビジネスが登場しています。

成功している企業を挙げるだけでも、

Netflix(ネットフリックス)、Pandora(パンドラ)、Airbnb(エアビーアンドビー)、
Uber(ウーバー)、IMVU(インビュー)、Gold’s Gym(ゴールドジム)、
Dropbox(ドロップボックス)、LinkedIn(リンクトイン)、CrossFit(クロスフィット)

など、数多く存在します。

「最新のビジネスを成功させる鍵は、会員制にある」と言ってもいいかもしれません。


日本でも、昔から会員制ビジネスがありました。
レンタルビデオやスポーツジム、携帯電話、ゴルフ場などが、その代表でしょう。

ただ、会員制ビジネスにも新しい時代が到来しました。

その要因のひとつが、SNS の進化です。
わかりやすい例で言えば、Airbnb(エアービーアンドビー)でしょう。


エアービーアンドビーは、空いている部屋を旅行者などに貸し出す CtoC のビジネスですが、
部屋を提供する側と利用する側がお互いに相手を評価する仕組みになっています。

そして、新しく利用する人は、それらの評価を参考にするわけですが、
いわゆる提供する側が利用する側に一方的に情報を提供するのではなく、
そこに大多数の人のコミュニケーションが生まれているのです。


今、このようなビジネスが主流になっています。
その発端となっているのが、アメリカのシリコンバレー。

そこで 10 年以上もコンサルタントとして活躍してきたのが、
著者のロビー・ケルマン・バクスターなのです。

彼女は言います。
「定期購入者は一度登録するだけで、忠誠心ある定期購入者として永続的に取引を続けてくれる
永遠とまではいかなくても、短くとも数年はとどまってくれる」と。


人間には、集団に属していたい本能があります。

そういった人間の深い心理を刺激する、
一回限りの客で終わらない会員制ビジネスの最前線を紹介したいと思います。


特に、これから起業を考えている人、
新しいビジネスを考えている人には必ず役立つ内容だと思います。

bte.jpg

スポンサーサイト

「プロフェッショナル・プレゼン」 小沢正光著 ※175冊目






「プレゼンのコンセプトをひとことで表現する必要があるのだ。的を外さないためにも、話の中心となる軸を、明確にしておくのである。いろいろ話しますが、結局、ひとことで言えばこれですという部分。そこがはっきりしていれば、理解にブレがない。」


【コメント】
わかりづらい話し方は、きまって何が言いたいのかを一言で言えていない。プレゼンに限らず、歌とかも歌詞が多すぎて全然つたわってこない場合がある。ラップとかでひたすら物語チックに歌ってるのとかあるけど、あれも正直入ってこない。小説書けばよくね?とか思ってしまう。





「結論はなんなのか。なぜそうなるのか。この2つのポイントについて、短い言葉での説明を求めている。それがわかれば、彼らは判断が下せるのである。」







「よく知らない人の話は、そもそも考え方がわからないし、その人について予備知識がないだけに、話の意図がつかみづらいのである。じつはプレゼンは、往々にして、この初めて会ったに近い状態で行われる。自分のことを知らない相手に、知られないまま説明を試みなくてはならないのである。・・・もしある程度の予備知識があればこんなことにはならない。・・・だから私はプレゼンのまえに必ず、受け手に自分のことを知らせておくようにしている。」


【コメント】
まずは自己紹介からはいる、というのはありだと思います。
これって、応用がきくのは、友達を紹介するときとかも、誰々さんの知り合いの、ということで共通の知り合いがいたりすると話が盛り上がりやすい。

ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「結局仕組みを作った人が勝っている」 荒濱一+高橋学著 ※120冊目






「仕組み」を自分で作り上げ、経済的・時間的な自由を獲得するか。それとも、この先ずっと「仕組み」の一部として働き続けるか―あなたは、どちらを選びますか?「仕組み」ブームの火付け役となったベストセラーが文庫版オリジナル「『仕組み』所有者たちの今」を大幅加筆して、ついに文庫化。


「大して手を加えないでも継続的に売れ続けるのが大きい。最近は、1回刈り取ったら終わり、ではない、ロングスパンの収入の流れを生み出すことを、より強く意識するようになっています。そのほうが、僕が最も大切にする自由に近づけますから。」







「今回取材した仕組みづくりの先人とまだ作っていない人との決定的な差を目の当たりにした。先人たちは総じて皆、行動力がある。いや、あるどころではない。行動は異常ともいえるほど、速いのだ。」







「高級車が買える財力があるのなら、どうして中古のおうちを買わないのかと思いますね。高級車は600万~800万したものが、5年経ったら80万円に価値が下がりますよ。その点不動産だったら、5年の家賃収入で半分は帰ってくる。もし高級車に乗りたいんだったら、レンタカーで借りて月2回乗ればいいじゃんということ。それならベンツだって乗れるぞってね。」


ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「夢をかなえるゾウ」 水野 敬也著




「お前なぁ、このままやと2000%成功でけへんで」ダメダメなサラリーマンの前に突然現れた関西弁を喋るゾウの姿をした神様“ガネーシャ”。成功するために教えられたことは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかりで…。ベストセラー『ウケる技術』の著者が贈る、愛と笑いのファンタジー小説。


「世界中の大富豪に共通するある一つの点。トイレがピッカピカやったんや。松下幸之助は誰よりも早く会社に言って仕事する前にまずトイレ掃除、をやっていた。本田宗一郎は工場の真ん中につくり、みんなできれいにしていった。」


【コメント】
成功者にはなぜトイレをきれいに保つ習性がそなわっているのだろうか。それを考えたときに、おそらく、成功するということは、誰もやりたがらないことを率先してやるという習性に付随してくるものだと考える。ビジネスチャンスはそこにある。多くの人は頭の中でそれがチャンスだとわかっていても、確信がなかったりして、やらない。やっても無駄になるかもしれない、という可能性を恐れているんだ。そのままなら何も変わらないことも知っていながら。



「世の中のほとんどのやつらが凡人やってんのも、そいつらが面倒くさがりやからや。それだけなんや!」


【コメント】
いい表現だなあと思います。というか、これをずっと思っていました。自分が悩みの中で発見した真理の中にはこれがありました。要はそうなんです。めんどくさいだけなんですよ。何もかも。やろうと思えばいくらでもやれるのに、明確な理由がなかったり、利益が想像できなかったりして、何もしない。身軽がいいんですよね。





「ただ店に入って飯食ったりジュース飲んだりするだけやなしに、その店がどんなことしてお客さんを喜ばせようとしているか観察せえよ。」


ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「All about Ashley」 アシュリー・ヘギ著 出版社: 扶桑社 (2006/2/14)




世界でわずか約30~40人の早期老化症(プロジェリア)の子ども。人の10倍もの速さで年をとる彼らの平均寿命は、13歳である。限られたみじかい命を精一杯生きているアシュリー。14歳になり、プロジェリア患者の平均寿命を越えたいま、自分のこと、病気のこと、命のこと、家族、そして最愛の親友のことを自分のことばで懸命に語る。



「maybe God gave me a chance to show others how I live Progeria(もしかしたら神様は、私はプロジェリアだけどこう生きているということを人に見せなさいって、その機会をお与えになったのかもしれないって思う。この病気をとおして、人を助けなさいということかもしれない。」


【コメント】
自分が、この病気だったら、ここまでの境地に立てるだろうか。もしかしたら、毎日何かを憎んで生きているかもしれない。そう考えると、この人はここまで辿りついたことには余程の葛藤や戦いがあったに違いない。問答無用で敬服させていただく。




「I've never thought what if I dont have Progeria, I'm happy tobe who I am.(プロジェリアじゃなければいいなんて思わない。わたしはわたしという人間であることが幸せだから。)」







「Sometimes people stare at me, sometimes kids say tome "look there's an alien !" or what ever but I dont really care about them.
because I know they are not trying to tase me.they just dont know about Progeria.they just dont know me. It's not their fault , Not a lot of people know aboutso Progeria.(おい、みてみろよ、エイリアンがいるって言われたり、ジロジロ見られたりするけれど、そんなことは気にしない。だって彼らは私をからかおうとしてやっているわけじゃない。彼らはプロジェリアという病気を知らないだけだから、彼らは私が誰か知らない。プロジェリアが何かも知らない。でも、それは彼らのせいじゃない。そんなの、みんなが知っているわけじゃないから。)」


【コメント】
こういうふうに、普段からいろいろな人に物珍しそうに見られたりすることがある人は、少しの視線すら嫌になるのかもしれない、ということを考えると、私は特にそういう何かしらの障害や病気で、ほかの人よりもハンデを抱えて生きている人がいる場合に、私は意図的に見ないようにする。私の視線が、少しでも傷つける要因になるのなら、そんな残念なことはない。何かをする、という気遣いもあれば、何もしない、という気遣いもあるはずだ。逆に、そういう考えもなしに、大人でも多いが、気持ち悪い、とか言ってみたり、物珍しそうにジロジロと障害者や病気の人を見る人がいる。そういう人のデリカシーの無さには、かける言葉がない。感受性の欠如と言い換えられるだろう。





「There are some people who say feel sorry for me. But you know what?They are not me,so they dont know how I feel. Idont feel sorry for myself.(私のことをかわいそうだという人がいるけれど、何がわかる?その人たちは私じゃない。 私は自分のことを、かわいそうだとは思わない。」


【コメント】
可愛そうだ、ということを言われることが可愛そうだと私は思う。だから、ほかの人となんら変わらないかのように接することが本当の優しさだと考える。何も、まるで病気なんてしていないかのように。





「I dont like to be sad in front of others. A smile makes every happy.(私は人の前で悲しい顔はしたくない。笑顔でいると、みんながハッピーになるから。)」







「I dont compare myself to others, like, she can do this but I cant.No one is perfect.(人はこうなのに、自分はこうだとか、誰かと自分を比べてどうこう考えたりしない。完璧な人間なんていないから。」


【コメント】
悩み抜いて出た結論だろう。これは何もこの人だけに当てはまるわけではなく、人それぞれに当てはまる。誰かと比べて何かが劣っているとか、異なっていたりすることに後ろめたさを感じる必要はない。それは誰もが実は抱えている人類共通の意識だ。
ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

あらこう318

Author:あらこう318
月に10冊を目標に、ひたすら読書にはげみ、人間力を高めようとしています。
そのため、ほかの方が普段読む量の数倍の読書をしています。その中から、特におすすめできる本を紹介し、読書録も兼ねます。衝撃を受けたフレーズや、是非とも記憶にとどめておくべき文節を厳選して紹介いたします。友達申請歓迎です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク
提携先
検索フォーム
あらこう318おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。