スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自分を動かす言葉」 中澤祐二著 ベスト新書 ※149冊目


自身を「下手くそ」と称したサッカー選手が、日本代表主将にまで上り詰めるには、多くの努力が必要だった。厳しい練習、ストイックな食生活、徹底した自己管理…。その苦しい時間を乗り越えることができたひとつの理由に「言葉の力」がある。本や人との出会いを通して、もたらされたその金言が、中澤佑二の原動力となったのだ。岡田武史、イビチャ・オシム、恩師、友人…中澤佑二を作りあげた「自分を動かす言葉」とは。


「夢を持った時に、どんなものでも今の世の中は10年その願望を持ち続ければ、必ず成就するというふうに思いますよ。10年間なにかに熱中するということは、好きなことであってもなかなか難しい。逆に言うと10年間頑張るという気持ちでいれば、たいてい成就します。・・・子供のころからとりたててサッカーがうまかったわけでもなければ、エリートだったわけでもない。学生時代に地域の選抜チームに選ばれたこともないし、全国大会にも1度も出ていない。逆に、僕が生まれ育った埼玉県は全国でも強豪の部類に入るため、周りにはうまい選手がごろごろいた。・・・きっと最初から10年て長いなあと思ってしまう人は、10年ルールには向かない。そういう人たちはおそらく、すぐに結果を求めてしまうからだ。なぜ周りから評価されないのだろう、どうして俺は昇進できないんだ、・・・僕に関していえば、気が付いたら10年経っていたという感覚だった。当然、始めから、10年先を見据えて、サッカーをしていたわけではない。ただ人一倍、下手くそだ、という自覚があったから、とにかくがむしゃらに練習をしていただけだ。」


【コメント】
英語を勉強しているが、これもあてはまると思う。1万時間の法則、というのもあるし。



「アメリカの女性詩人で、エラ・ウィーラーウィルコックスという人が残した一節だ。人生が歌のように流れている時に楽しい気分になるのは容易だ。だが、立派な男とは何もうまくいかないときでも笑える男だ。やっぱり人間は、どん底の時こそ、真価が問われるのだと思う。何かの壁にぶつかった時、挫折したとき、目標を失いかけた時、気持ちがおちこむのは当然だけど、カラに閉じこもっていても何も変わらない。」


【コメント】
気分いい時になんでもできるのは当たり前なんだよ、誰だって。気分のってないときにどれだけやれるかで、差というものが生まれるんだろう。



「ある選手が僕の胸をえぐるようなことを言った。どうして日本人は金を払ってサッカーをやりに来るんだ?サッカーは金を稼ぐためにやるもんだろ。金を払ってやるもんじゃないぞ。お前らは馬鹿だな。僕はカチンときた。こっちはそれなりの覚悟で異国の地に乗り込んできたつもりだし、どうにかしてプロへの足がかりをつかみたい一心だった。だけど、僕は言い返そうとしても、どう説明していいかわからなかった。なぜなら、向こうの言い分もある意味で的を射ていたからだ。・・・かれらは、なけなしのお金を持ってきてプロクラブの入団テストを受けて、トップへと這い上がっていく。その先には、お金持ちになって両親や兄弟を食わせてやるんだという野望も持っている。・・・ブラジル人からみれば、圧倒的に生ぬるい環境なのだ。」


【コメント】
這い上がっていく意気込みがまず違う。サッカー大国というのは、その競技をどれだけ死ぬ気でやっているかで決まったんじゃないのか。



「あるとき、午前中にトップチームのフィジカル練習に参加させてもらい、午後のサテライトの練習に備えようとしていると、クラブハウスの食堂で昼食をとっていいという許可がでた。喜んで食堂でランチを食べていると、そこにカズさんがいた。すると、僕のそばにきて、いきなり怒鳴りつけたのだ。お前、ジャージで食ってるんじゃねえよ!!カズさんはびしっとスーツ姿で昼食をとっていた。練習のあとは、まずしっかりと身だしなみを整えるのがカズさんのプロ選手としての流儀だったのだろう。・・・でも、僕はそんなふうにラモスさんやカズさんに怒られたとき、不思議と、嫌な気持ちにはならなかった。むしろ、これがプロなんだと教えられた気がした。」


【コメント】
それをびしっと注意したカズもいいけど、それを言われてこのように感じた中澤もかっこいい。いいエピソードだと思う。


「お前、付き合い悪いな。ヴェルディに入団してしばらくして、僕が飲みの席を断るようになった時に言われた言葉だ。お酒を断つことを決めたのは、生活サイクルの大切さに気がついたからで、プロ1年目の終わりくらいの頃だ。最初はもちろん、先輩の誘いは断れず、外食にも出かけたし、夜遅く帰ってしまうこともあった。正直に言えば、みんなでワイワイと騒いでいるのは楽しいし、時間もあっという間に過ぎていってしまう。・・・けれど当時は、徐々に生活のリズムが崩れていくのも感じていた。朝は眠気が覚めず、すっきりしない。練習でもどこか調子が悪く、いいプレーができない。・・・あるとき、ふと俺は何をしてるんだろう?と思った。そうなると、もう止まらない。自問自答の連続だ。自分はそんあことができる上手い選手だっけ?もう時間はないんだぞ?・・・そう思った僕は、先輩にどう思われようが、誘いを断ることにした。」






「僕にはお酒に代わるストレス発散法がある。部屋の掃除だ。2006年のドイツワールドカップの前に、過密日程が続いたり、膝や足首に故障が出たりして、心がどんよりしていた頃は、練習から戻るとひたすら掃除をしていた。部屋をすみずみまできれいにしえいくと、不思議と、頭のモヤモヤが晴れていく。」


【コメント】
これって極上の考え方ですよね。お酒に代わるのが掃除だって。いいことづくめじゃないですか。部屋もきれいになってストレスまでとれる。いい循環が生まれる。という風に衝撃を受けた僕は、趣味を掃除と言えるようにこの考え方を取り入れてみた。実際、部屋がきれいになって、朝の目覚めも良くなった。



「私生活で節制を始めたのは、プロのサッカー選手を本格的に目指そうと決意した中学生の頃だった。中学3年生の終わりくらいから、栄養について調べながら、少しづつ食生活に気をつけるようになった。最初は炭酸飲料が体に良くないという話をききつけて控えるようになり、代わりに牛乳を2リットル飲むようにした。カップラーメンや菓子パンを主食にするのではなく、サラダやほかの栄養素も一緒に摂るようにもなった。早寝早起きをより徹底するようになったのもその時期だ。しっかり睡眠を確保するために夜9時に寝て、朝5時に起床して朝練習に出かけた。頭にあったのは、プロになりたいという思いだけだった。」






「僕は人よりもサッカーが下手で、このままではプロになれない、世界に通用しないというような危機感があった。中途半端にうまければ、どこかで満足して努力をやめていたかもしれないけれど、自分にはずっとそんな余裕がなかったのだ。」





「とある企業の偉い方とたまたま食事をすることになり、お互いの仕事について何気なく話していた。聞くところによると、相手の人は非常に多忙な日々を過ごしているようで、ほとんど休みもないような状態らしかった。・・・だけど、こちらが休みの少なさをぼやくと、その人はやんわりと否定した。忙しい時だからこそ、何かをやったほうがいいよ。忙しくない時にやってもほとんど意味がないんだから。・・・僕は最初、意味がわからなかったけど、話を聞いていくうちに、その人の話が妙に腑に落ちた。忙しいからこそ、やらなければいけないこともたくさんある。現役の選手だからこそ子供たちに伝えることができることがあるはずだ。・・・さらに言葉は続いた。忙しくない時であれば、それはだれだってやるんだ。でもそれはまさしく仕事でしょ。忙しい今だからこそ、いろいろとやってあげれば、引退したあとにきっとつながるよ。もし、地位や名声がなくなったとき、きっと助けてくれる人たちが出てくるはずだから。」


【コメント】
忙しい時に、何かをやることが、他の人との差につながる。あとは、結局何時間という膨大な時間があろうとも、やらないやつはそこに甘んじてやらない。矢沢永吉もいっていたが、やるやつはやるし、やらないやつはいくらいったってやらないよ、とね。要は自分で全部決めて自分の責任で人間は動くってことですよね。


「僕は高校時代、練習で笑顔を見せている選手が許せなかった。・・・彼らは楽しくやりたかったのだろうけど、僕の目には真剣さが足りないように映ったのだ。・・・その頃、同級生に仲の良い部員もいたけど、はっきりいって目的意識には絶対的な温度差があった。かたやプロ選手を目指して、高校サッカーをステップの場として考えている者。かたや高校サッカーの集大成として、埼玉県でひとつでも上位に行こうという目標を見据えている。両者のあいだには、埋めようのない溝が横たわっていた。だから卒業後、高校に在学中だった当時の部員とはほとんど交流がなくなっていたし、卒業後に同期の集まりに呼ばれたことも一度もない。それについては少しさみしいけど、仕方がないことだと思っている。当時は夢に向かってひたすら頑固に突っ走てっていたし、仲間や後輩に嫌われても俺はプロになるんだという意識だったからだ。」


【コメント】
少しわかる・・・きがする。自分が真剣にやっていればいるほど、適当にこなしてかわしていくのが普通だと思っている人をみると、なんだか真剣みがたりねえな、って思うよな。しかめっつらしてりゃいいってわけじゃないんだけど。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「上昇思考」 長友佑都著 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012/5/25)  ※117冊目




人としての成長に欠かせない「感謝の心」―試合前に必ず読むという祖母からの手紙とは。世界で戦うメンタルを支える思考法。


「つまらないことで苛立ったりしないように心がけ、もし苛立ってしまったとしたら、すぐに反省するようにしていた。・・・友達に対しても、チームメイトや仕事で一緒になった人に対しても、買い物や食事をしているときに接する店員に対しても、苛々しない。・・・そういうことを24時間、365日、心がけておく。」


【コメント】
意識して行うことっていうのは、その人の本来持っている性格を表しているのではないかと思うことがある。
それは例えば、今回のこの例で言えば、意識して苛立たないことを心がける必要があるというのは、本来は苛立ちやすい性格だということで、特に意識する必要があったことの裏返しである。
人に優しくしようという意識を持つ必要があるという自覚のある人は、本来は優しさが欠けている性格だったり。
しかし、こういった意識する必要のでてくるものというのは、時を重ねるにつれ、それが逆に長所となることがある。
礼儀正しくなかった人が、時を重ねるにつれ、人よりも礼儀正しい人になったりする。言っていることがわからないかもしれないが、そうなのである。
生まれた時は不得意だと思っていたことが意識をすることで、ほかの人よりもそれについての吸収力が上がり、結果得意になっていた、というのは大いにありえる。





「本を読んでいて見つけた気になる言葉なども、時折書きとどめている。普段から自分の感情をコントロールすることを意識して、心と向き合うようにしているときにも、そのノートは心との対話の道具になり、備忘録のようにもなっている。・・・自分の気持ちを正直に書くのは恥ずかしいし部分があるものだし、誰かに読まれた場合を考えれば、本音を書いていくことには勇気がいるかもしれない。でも、そういう自分の反省点をためらわずに書いておくのが心のノートを付ける目的なのだから、オブラートに包んだような書き方をしていては意味が薄れる。」


【コメント】
おそらく、長友選手というのは、感情のコントロールについて何かしらのコンプレックスを抱えていた過去があるに違いない。それは、前の著書にでてくる、中学の卒業式でねぎらいの言葉をかけてくれた人たちに、なぜか怒りの態度をとってしまい、抑えきれなかったという経験にもそれが現れている。しかし、その経験を活かして、普段から感情のコントロールをすることになり、結果的に安定した感情を手に入れることができた。
何を隠そう、私自身がこれなのである。だからこそ、このブログもやっているのである。
自分への戒めとして、気になった言葉は書きとどめ、それを見ることを習慣とし、日々の感情のコントロールに役立てている。
まだ確信を持てるほどではないが、私はこの経験により、いや、この習慣により、ほかの人が動揺するような場面でも、あまり動揺することなく本来の力を発揮できるような場面が増えたと思う。






「心が呼ばないものが自分についてくるはずがない。稲盛和夫さんの生き方という本にはそう書かれていた。・・・だれよりも強く、身が焦げるほどの熱意をもって、そうありたいと願望することが何よりも大切とも書かれている。・・・世界一のサイドバックになる。そんな目標を掲げたばかりの僕が、こうした言葉からどれだけの勇気を与えてもらったか計り知れない。感謝の心。あるいは、自分のことを考えるのではなく、人のために何をできるかを考える利他の心。そういう気持ちがどれだけ大切であるかもこの本の中に書かれていて、自分もそういう生き方をしていきたいと強く思った。」


【コメント】
私は、稲盛和夫さんの本、というよりも演説をひたすら聞いている時期があったので、非常に共感を読んだのである。まさにここで書かれていることを稲盛さんは強く訴えていた。成功への情熱、という本も書かれているが、強く望むことなんだと。
そして、利他の心も言っていた。私自身もそこに強く感銘をうけた1人なので、同じようなところで共感していたことが、何よりも同世代としては嬉しかった。同じ気持ちで、爆発しそうな仲間ときっと会えるよ、という歌をブルーハーツは歌ったが、なんだか、そんな気分だ。






「世の中のことはすべて、人とのつながりで成り立っているのは間違いない。・・・僕はいま、いろんな大切なことのなかでも、コミュニケーションはその第一に挙げるべき要素だとも考えるようになっている。・・・自分がバカになることでバカにされてもいいと考えて、積極的に相手のふところの中へと飛び込んでいく。そうやって自分の人間性のやわらかさと協調性を見せていかなければ、なかなか距離は接近していかない。こちらが意識的にバカをやっていても、ほとんどの場合、こいつは、みんなになじもうとして一生懸命そうしているんだと、その真意を理解してもらえている。」


【コメント】
バカをやれる人はバカじゃない。バカをやる人をみて、バカだと思っているやつが本当のバカだ。しかし、意外とそういう人は世の中多いものである。物事の本質を捉えるのが苦手な人に多い。表面だけをみて、確信して判断する人がいるが、えてしてそういう人はこちらの本来の意図を汲み取れない。こういったことも然り。






「セリエA移籍が決まった段階で世界一のサイドバックになるというふうに目標を設定し直した。・・・イタリアに渡る僕がこの目標を口にした時、現実的な目標というよりも意気込みのようなものだと受け取った人も多かったのではないかと思う。だけど、僕にとってこの目標はそうした性格のものではない。必ずそこにたどり着くことを心に決めてイタリアに渡り、そのために何をすべきかを考えながら毎日を過ごしている。」
【コメント】
私は、それができないとは思わない。必ずそこにたどり着ける、という確信がなくしてそれは達成されない。夢を追う気持ちを馬鹿にする人は多いが、私はその気持ちを持っている人を尊敬するし、何もしないで座って笑っている、あいつらみたいにはなりたくないんだ。
何もしないで、見ているだけのやつほど、そういった夢を馬鹿にする。
私はそういった人が嫌いだし、表面上は何も言わないが、所詮そんなもんかと、その人と関わるのをできるだけしないようにする。
たとえ馬鹿にされても、夢を追いかける馬鹿でありたい。





「僕は時々、自分には時間がないと発言しているし、それに対してまだ若いのにと返されることもある。・・・正直言って、そこに達するまでには、まだまだ長い道のりが残されているし、その道がどれだけ険しいかもよくわかっている。だからこそ、僕には時間の余裕がない。・・・僕にはサッカーに関する天性のスキルのようなものはないので、努力をしないと絶対に上にはいけない。・・・だからこそ、自分が何を目指しているのかをはっきりとさせておき、最終目標と、そこへたどり着くための段階的な目標を設定している。」


【コメント】
暇だと言っている人が、私には考えられないのと一緒で、本当に時間は有限なんだと、日に日に感じる。無駄なことは削ぎ落とさなくてはならない。暇な人は、考えがたりないのだろう。
人生を楽しむ気があれば、いくらだってやるべきこと、やりたいことはでてくるものだ。
それか、楽しむ気がないだけか。
段階的な目標を設定している、というのがさすがプロだと感じた。どうだろうか、何かのビジネス書を読んでそれを身につけたのか。
段階的な目標をつけることが、目標到達への最短の道であることは、自明の事実である。
ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

あらこう318

Author:あらこう318
月に10冊を目標に、ひたすら読書にはげみ、人間力を高めようとしています。
そのため、ほかの方が普段読む量の数倍の読書をしています。その中から、特におすすめできる本を紹介し、読書録も兼ねます。衝撃を受けたフレーズや、是非とも記憶にとどめておくべき文節を厳選して紹介いたします。友達申請歓迎です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク
提携先
検索フォーム
あらこう318おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。