FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「メシが食いたければ好きなことをやれ!」 岡野雅行著





「努力しているのに成功しないってやつは、自分の周りを見回してみろ。もし今まで人付き合いをないがしろに
していたのなら、すぐにその考えを改めるんだ。自分のことが太鼓持ちみたいに思えてもいいから、
自分から進んでコミュニケーションをとって、こいつと一緒にいると楽しいと思わせるようになればいいんだよ。
マニュアル通りに礼儀正しく振舞って、表面だけの付き合いをするよりも、自分の持ち味をうまく活かしたほうが
人に可愛がられる。そうなればしめたもの。最初は、なんだこいつ変なやつだなと思われるくらいがちょうどいいと俺は思うよ。」



→いろいろなビジネス書に、価値のない人とは付き合うな、ということが書いてあるが、要は自分を出していって、それでいて楽しくなかったり得られるものが何もないということを感じる人が価値のない人に該当するんだろうな。自分持ってて、自分を出してる人は楽しいよ。



「親父からはよく叱られたよ。ほめられたことなんてなかったな。仕事をしていて、何やってんだ!とげんこつが
飛んでくることだってしょっちゅうだ。口より手が早い典型的な職人だから、いつも殴られてたな。だけど親父は
俺の操縦を心得ていたような気もするな。だって若かった俺は、持ち前の反骨心で、見てろよ、今にオヤジを追い越してやるからなと思っていたんだから。」

「俺は昔から変わり者って言われてきたのはご承知の通りだ。学校の優等生なんかは、勉強が嫌いで変わっている俺のことを変人って言っていたもん。でも俺はずっと言い続けてきた。変わってなくちゃだめなんだ。人と違っていなくちゃ成功しないんだよってね。だけど誰も理解しなかった。・・・・ほかのやつからはみ出ないように生きていたって、ほかと同じような人生しか送れないだろう?」



→天才と変人は紙一重っていうけれど、成功しなかった変人がそう呼ばれるんだろうな。成功した変人は天才と呼ばれるようになる。どっちが先かという話になってくるけど、もともと天才だったんだけど、周りに気づかせるまでの間は変人にうつるんだろう。



「俺は健康には気を使っているよ。ホテルのジムに通って水泳もしているし、マッサージにも行っている。
ホテルで酸素カプセルってのを試したんだけれど、これがなかなかスッキリするんだ。・・・それから俺はタバコも酒もやらないよ。一見両方ともやっているふうに見られるんだけど、最初っからやらない。酒はソーシャルドリンカーで最初の一杯をたしなむ程度。・・・・世の中には酒やタバコが好きでもないくせに、かっこよく見えるからだとか付き合いだとかで習慣になってる人がいるよな。そうやってまわりに流されて、気がついたらやめられなくなっていましたじゃ、あまりにばかばかしいよな。」



→ギャップだよね。人間。酒もタバコも好きそうなのに、実は全くやらないというあたりが、魅力的だなあ。



「有名企業のサラリーマンになることを、間違っても最終目標にするなよ。できれば仕事を一通り覚えたところで
独立したほうがいいと、俺は思うな。自分一人だっていい、一国一城の主になってみろ。長くサラリーマンを続けていると、金銭感覚が月給サイズになっちまうよ。自営業をはじめると、たまにとんでもなく儲かるときがあるんだよ。だけど月給サイズの金銭感覚がしみついちまっていると、大金を手にしたときに、どうなるかわかるか?なんの見通しも持たずに、今までなんとなく欲しいと思っていたものを次々買っちまったり、必要のないような外車を買ったり、愛人囲ったりしちゃう。そういうふうにして失敗している人を、俺は何人も見ているんだ。」

「不景気だ、物価高騰だ、治安が悪い、そしてお決まりの日本はもうだめだな。最近はどこを見てもそんなこと言ってるやつらばっかりだ!俺に言わせれば、そんなのは言い訳でしかないんだ。そんなことを口にしている人の中で、本気で何とかしようとして、仕事に立ち向かっている人なんてどれくらいいる?口に出している暇があるんだったら、現状をなんとかしようとしてみたらどうなんだ?俺はそう言いたくなるね。もうだめだ、なんて言っているのは、言っているやつの問題なんだと俺は思うよ。」



→なんもやらないやつって、文句が好きなんですよ。本気で変えようとしている奴は、黙々とそこに向かって取り組んでいる。文句のあとに、じゃあそれに代わる何かいい意見があるのかい、ときいたって何も考えていないことを露呈することにつながるだけなんです。



「ブランドの名前じゃなく、機能性や肌触り、そういった本質を見るんだ。そして忘れちゃいけない、上質なものは長い時間使用してみて、初めてその良さが実感できる。流行に流されずに、きちんと見極めて買った上質なは、
なかなか飽きがこないし、長持ちする。そういう真の本物を知っている大人になれよ。そうやって有名ブランドの
バッグを買って使ってみて、それが自分にとってしっくりくる上質な品物だった、というなら、それでいいんだ。
そうなったときには、もうあんたは本物を知っている。」

「本物だとわかるためには、まず本物を知らなければダメだ。ここで勘違いしちゃいけない。毎日うまいものを食う必要はないんだから。本物を自分の舌で味わったことがあるかどうか、それが重要なんだと思うよ。」



→スポーツをやっていて思うのは、下手な人と一緒にスポーツをしていると、下手が伝染する瞬間があります。逆で、上手い人とやっていると、自分も上達していく。本物かどうかを見極めるには、それのマックスをしっておく必要がある、というのは本当だと思うんですね。中学生の野球大会しか知らない人は、メジャーリーグが本物だということはわからない。それといっしょなんだと思います。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「愚直論」 樋口泰行著




「与えられた情報、与えられた時間の中でベストを判断をする大切さを痛感した。知りたい情報が全て手に入り、時間も有限にある、という状況はビジネスの世界にはありえない。」



→判断し、決定する、これの繰り返しで、このスピードの早さこそが仕事の処理速度。決定までのスピードをいかに正確に判断して縮めていけるか。時間は待ってくれないけど、待ってくれているとも言える。その決断をするまでは、待っていてくれたと。



「いつか社長になることを考えたとき、ゼロから起業するにしても、小さな会社の社長を任せてもらうにしても、それまでに営業の経験を積んでおくべきだと考えるようになった。戦略立案、開発、製造、マーケティングは経験したが、やはり会社の売上を大きく左右する営業について無知では、経営者として成功できないと思ったのだ。」



→営業もそうだとは思うんですが、オールラウンダーじゃないと企業のトップは務まらないと思います。IT系の社長なんかでも、上まで行く人は、最低限は絶対備えていると感じるんですよ。そこまで行けない人は、どこかの能力に欠落がある。仮に、専門的な知識がずば抜けている人でも、それは従業員としてはとても優秀になれても、トップは絶対にできないと思います。バランス感覚というか、営業以外でも、単純に数字に弱くないとか、適切な振る舞い方ができるとか、冷たくするところは冷たくドライになれるとか。そういう能力の欠落がない、というのがとても重要になると思うんです。得意なものが多いより、欠点がない、方がトップには向いていると思います。あとは決断のスピードと質ですかね。



「自分に与えられた環境の中で、一生懸命に努力し、実績を出すことによってのみ自由度が高まるという考えは、
組織全体にも当てはまる。ビジネスの集団である以上、結果を出さなければ発言力が弱いのは当然である。」



→発言したければ、結果出せ、ってことだと思うんですよ。ごく当然の構図だと思います。結果出してない人が、つべこべ言っても説得力が全くないですから。それに、それで頑張れるっていうのもあると思うんですよ。結果出せばいいんだ、じゃあ頑張ろうって。



「様々なタイプの人と上手に付き合うには、何よりも経験がものをいう。そのためには、できる限りたくさんのタイプの人と接して、相手を理解しようと努めることが大切だ。そのうえで、各タイプを類型化し、うまくことが運んだケースを頭の中のデータベースに蓄積しておく。そして同じタイプの人と遭遇した場合に、過去の情報を適用するのだ。人を動かすときには、このデータベースが力を発揮する。」

「対人関係は誰もが苦労する。しかし、面倒な相手に出会った際には、しめしめ、データベースにない人間と遭遇した、対処法を蓄積するチャンスだと思うぐらいの気構えでいたほうが良い。若い頃はとくにそうだ。目の前に障害として立ちはだかっている人と同じタイプの人間は、今後の人生で何ども目の前に現れる。できるだけ多くの人と接して人間同士の格闘を経験したほうが、ビジネスパーソンとしての成長は早くなる。」
ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「采配」 落合博満著






「練習でできるようになると、首脳陣と選手の間に認識の違いが生まれることがある。つまり、こちらは試合で使えるレベルでないと見ているのに、選手本人は試合でもできると思い込むケースだ。それでチャンスがないと悩んでも道は開けない。要は、自分だけができるつもりになるのではなく、誰が見ても試合でできると思えるレベルまで、自分のパフォーマンスの質を高めていくしかない。」



→自分だけできると思ってることって往々にしてあると思うんですよ。やりがちですよね。全く自分が見えていない。自分の方ができると思って、周りから見るとそうでもない、というギャップが生じる。そこを周りから見て、すごいと言われるレベルって、自分が見て、出来るぐらいではなく、極めた、ぐらいまで言えないとそのギャップって埋められないと思うんですよね。



「先輩はどうやってこの技術を身につけたんですか、お前もこの技術を身に付けたいのか。それならば、こうやってやればいい。わかりました、やってみます。 会話だけを見ると、先輩と後輩の微笑ましい光景が想像できる。だが、これが選手の伸び悩む大きな原因となり、潰してしまうことにもなりかねない。・・・・必要以上の情報を詰め込まれた新人は混乱してしまうし、その新人が私の言うことを理解できるとも限らないからだ。自分のスタイルを他任に完璧に伝えること、表現は悪いが自分のコピーを作ることがどんなに難しいか。」



→いろいろな人の意見をきいて参考にするのは、タダだし勉強になるというスタンスで、いろいろな事をきいてまわった時期があったのですが、大きな誤りでした。大したことない意見は、薬ではなく毒になるということがあるからです。なんでもかんでも聞けばいい、というスタンスの人を見ると、かつての自分を思い出しますが、それはいつか自分にとって必ずしもプラスになるとは限らない、ということに気づく日がくるのでしょう。この人の意見を参考にしたい、というのを決めて参考にしたほうがいいと思うんですね。
ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」 松下幸之助著


「一時に成功すれば万事に成功する。一時に成功できない者があせって万事に手をだしてもそうそう成功するものではない。まずは成功のコツをつかむまで努力をやめない。」



→寄り道したくなるんですよね。飽きちゃって。でもそれが最大の敗北の要因だとしたら。何も面白くなくたって、ただまっすぐと決めた道を歩いていくと、たどり着く事があるんだと思うんです。そこにしかないんじゃないでしょうか、むしろ。



「松下さん、あんたえらい成功しましたな、と言われるけれども、僕自身は毎日、やっぱり煩悶したり、ここはいかんなと言うたりして、考えている。それで一喜一憂している。・・・・はたからみたら、えらいうまくいっておるなと、新聞をみても非常に儲けている、良く品物が売れているなと言われてやっているけれども、その実情は随所に問題を抱えている。・・・だから社長というのは、どこの会社でも一番心配しているわけや。まあ晩のご飯もね、もう胸に詰まって食べても食べられない、食べてもおいしくないという状態が続いたりする場合もある。かなわんなと思う。かなわんなと思うけれども、そのかなわんと思うことが社長の役職や。社長というものは、まあいえば心配するために存在するわけや。心配するのがかなわんというのであったら、もう社長をやめたらいい。」

「僕は二十歳のときに肺尖カタルにかかって血をはいたけれど、仕事を休めなかった。叱られるから休めないのではなくて、食えなくなるからや。その時分は日給で、一日行ったら一日分の日給をくれる。今みたいに月給ではないから、休んだら賃金をくれない。休んだら食えなくなる。だから少々の熱があっても行ったわけだ。」

「おぼろげにはわかるやろ。おぼろげにわかったらそれで十分や。それを得心するまで極めるのはなかなか不可能なことや。だいたいそうかなと思ったら、それでいいわけである。・・・・大部分は半信半疑でやっとるわけや。一つの問題を突き詰めて議論したら一生かかってしまう。一生かかって、わかった時分にはころっと死んでしまう。それを議論だおれと言うんや。・・・だから、半信半疑でも結論を出さないといかん場合がある。そうして半信半疑で結論を出してきたのがぼくの生き方や。」



→確信が持てないところでみんなやっている、というのはとても勇気の出る言葉だと思うんですよ。松下幸之助という偉大な方ですら。生きていること自体、半信半疑なところがあるじゃないですか。いきなり、気づいたら生まれていて、生きていくルールを教わって、それでいいのかな?とりあえずそうしよう、というまま生きてきたわけで。全部嘘でした、って言われても、割とそんなもんか、と受け入れられそうな。そんぐらい確信できてないでしょ。みんな。
ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「お金持ちにはなぜお金が集まるのか」 鳥居祐一著



「私はサラリーマンを辞めてよかったと思うことが二つあります。1つは好きなときに好きなところへ旅行に行けるようになったこと。そしてもう一つが、読みたい本を好きなだけ読めるようになったことです。・・・私の知る限り、成功者はほぼ例外なく読書家です。ジャンルを問わず、本当にたくさんの本を読んでいます。私は真剣に、成功者が成功できた理由は、本をたくさん読んで、それを実践したからだと考えています。・・・・私自身も本が大好きで、暇さえあれば本を読んでいます。人と待ち合わせする時も、なるべく書店で待ち合わせるようにしています。そうすれば多少相手が遅れてきても、苦にならないからです。」

「私がおすすめしているのが、人脈のリセットです。・・・あなたも、これまでの成長過程において、それまで仲の良かった友人と話が合わなくなり、疎遠になってしまった経験があるのではないかと思います。こうしたことは、一見すると寂しいようなきもしますが、実は自分のレベルが上がったことによる自然現象として、むしろ喜ぶべきことなのです。これまでのように付き合えなくなったことを嘆かなくても大丈夫です。よりよいものを手に入れるには、古いものは手放さなければならないのです。今後は、自分よりも、より高い位置にいる人たちと、
意識して付き合うようにしましょう。・・・あなたのあこがれの人や目標とする人を食事に誘いましょう。
そして、彼らと時間を共有し、彼らのアドバイスを積極的に受けるのです。」



→ずっと仲良いと思っていた人がいました。しかし、意外と離れても寂しくないし、連絡することもなくなりました。そういったことは普通にあります。自分は冷たい人間なのかと思いましたが、まあ否定できない部分もあるかもしれませんが、そうではなく、自分が上がったことによるものだと信じたいですね。これって、逆もあると思うんですよ。レベルが下がったから、相手が離れていった、という場合も。そう考えると、友達とかって、本当にその場限りのものなんだな、と。その時のレベルに応じた人としか付き合えないものだと思いますよ。



「自分にとって本当にその人が正しい人なのかどうかを見分けるのは、なかなか難しいことです。そこで、簡単に
見分けることができる方法を、一つお教えしておきたいと思います。誰にでも結婚・昇進・合格・出版など、
人生の中で周りの人たちから祝福を受ける機会はたくさんあります。そんなとき、このようなうれしいニュースを
自分から笑顔で正しい人だと思う人に伝えてみましょう。そして、伝えたときに、その人の表情をじっくり
観察してください。自分のことのように喜んでくれる人もいるでしょう。そっけない対応をする人もいるでしょう。あるいは、人の幸せを妬むような表情をする人もいるかもしれません。・・・・あなたが付き合うべき人は誰なのかというと、最初の、あなたの成功を自分のことのように喜んでくれる人なのです。これは、この人と付き合うべきかどうかを判断するためのとても簡単で明快な方法です。」



→本当の友達だったら、嬉しいはずですよね。妬んだりするようだと、心の狭さとかよりも、その人のことを大して好きでもないし、まだ自分のレベルがその人に到達していないのかもしれない。


ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

あらこう318

Author:あらこう318
月に10冊を目標に、ひたすら読書にはげみ、人間力を高めようとしています。
そのため、ほかの方が普段読む量の数倍の読書をしています。その中から、特におすすめできる本を紹介し、読書録も兼ねます。衝撃を受けたフレーズや、是非とも記憶にとどめておくべき文節を厳選して紹介いたします。友達申請歓迎です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク
提携先
検索フォーム
あらこう318おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。