スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「営業でいちばん大切なこと」 小林一光著 ※78冊目

世界最高位のトップセールスマンが教える 営業でいちばん大切なこと世界最高位のトップセールスマンが教える 営業でいちばん大切なこと
(2011/02/18)
小林 一光

商品詳細を見る


プルデンシャル生命の中で、個人、チームともに日本一を達成した唯一の人物であり、
世界の保険営業で頂点を極めた者のみに与えられる称号、TOT(Top of the Table)にも輝いた「伝説の男」小林一光氏。
しかし、営業マンとしてスタートした当初は、まったく結果の出ない「ダメ営業マン」だった。
そんな人が、一体どのようにして「トップセールスマン」となったのか。



「あくまでも私見ですが、成長する人は、営業マンとしての表の努力だけではなく、表からは見えない裏の努力があるのではないでしょうか。ここでいう表の努力とは、徹底的に仕事の努力をすること。そして裏の努力とは、仕事以外の部分で努力をすること。人が見ていないところで自分を律していろいろな徳をつむこと。毎朝、一番水で玄関やトイレを掃除する。お年寄りが来たら、必ず席を譲る。落ちているゴミを拾う。こうした裏の努力をした人は必ず運やツキを呼び込めると私は思っています。」


【コメント】
人が見ていない時に自己鍛錬をつめることが、本当の努力だと思う。人が見ている時に良い格好をしようとして、普段より頑張れるとかは、ただの見栄だ。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「加速成功」 道幸武久著 ※77冊目

加速成功―願望を短期間で達成する魔術加速成功―願望を短期間で達成する魔術
(2004/07)
道幸 武久

商品詳細を見る



成功哲学を説いた本は世の中に数多く出ていますが、本書の最大の特長は、「短期間で成功すること」に的を絞ったこと。すなわち、それがタイトルにもある「加速成功」というわけです。著者の道幸武久氏は、独立1年半で年収がサラリーマン時代の9倍となり、「方法を学びさえすれば、人は誰でも短期間で成功できる」ことをみずから実証。その具体的なノウハウを筋道立ててわかりやすくまとめたのが本書です。成功の原理原則を知るだけでは飽き足らず、成功への近道を探している人には、必読の書といえるでしょう。



「サウナでビールを飲みながら、トップセールスマンの先輩にたずねました。・・・
どうやったらトップセールスマンになれるのですか?・・・・まず営業の本をたくさん読むことだな・・・私は重ねて聞きました。・・・いい本はなんですか?彼は教えてくれませんでした。そのかわりこういったのです。本はたくさんある。ところが、九割はあまりよくない本だ。でもたくさん本を読んで、直感的にこの本はいいなって当てられるようになったら、すでに成績はトップになっているよ。でも、そのためにも本はいっぱい買ってたくさん読まなくちゃダメだ。おまえは、給料はいくらもらっているんだ?手取りで16万です。じゃあ最初は月に4万円、本を買って読まなきゃダメだね。」


【コメント】
16万のうちの4万ほど、無茶ではないが、この言葉を信じて、本への投資を惜しまずどんどん買っていた時期があったが、確かにお金はなくなったが得られたものは大きかったと思う。しかもその成果を感じることができたのは、本当にここ最近になってからだ。3、4年前のことだ。だから、その時は本当に意味あるのかな?と半信半疑でやっている自己投資の確信が持てるようになるのは、ずいぶん先になってからのことだということだ。





「成功に至る道は、長い低迷期を経て最後に一気に登り坂になる。もし、あなたがすでに見えない努力を重ねてきているなら、ブレイクする日は近いはずです。この法則を知らないから、ゴール目前まで来て努力するのをやめてしまうというもったいないことをしてしまうのです。真面目な努力は絶対に報われます。」


【コメント】
低迷期に入るのは、勝利が近づいている証拠だ。そこでやめるやつは負け、続けるやつが勝つ。分岐点はそこなんだ。
ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「人生がときめく片づけの魔法」 近藤 麻理恵著




著者の近藤麻理恵さん(こんまり先生)は、
床が見えないゴミ部屋を
ホテルのスイートルームのように劇的に変える
片づけコンサルタント。


「片付けをすることで、一体何を手に入れたいのだと思いますか。・・・・モノを捨て始める前に一度じっくり、片付けの目的を考えることに取り組んでみてください。これは理想の暮らしを考えるとも言い換えられます。・・・・自分が片付いた部屋で生活している様子がありありとイメージできるくらい、具体的に考えることです。」


【コメント】
成功法則にも近いものがあるが、やはりそれを達成したあとの姿、というのを鮮明にイメージするのは、何においても重要なんだというのを強く感じる。片付けも例外ではない。





「たまに音楽をかけてノリノリで捨てましょうという片付け法もあると聞きますが、私はおすすめしていません。せっかくのものとの対話がごまかされてしまう気がするからです。もちろんテレビを流すのは言語道断。」


【コメント】
これを言っていただいて非常にありがたかった。片付けはそれはまるで無駄な時間と捉えていて、何かしらのオーディオブックや、お気に入りの音楽を聴いて、少しでも有意義な時間にしようという考えがあった。しかし、そうではなく、物との対話という自分にとって重要な、無駄時間ではないという見方ができた。





「はじめに衣類、次に本類、書類、小物類、そして最後に思い出品。この順番通りにものを減らしていくと、驚く程スムーズに片付けを進めることができます。」






「外出着としてときめかないから部屋着にするというのも、何か違う気がします。部屋ですごす時間だって同じ生きている時間なのですから、人の目があろうがなかろうが、時間の価値は変わらないはずです。だから、ときめかない服を部屋着に流用するのは今日限りやめてしまいましょう。・・・最高に自分がときめく部屋着に着替えて、自分のセルフイメージが高まるようにするべきだと思いませんか。・・・最悪なのは、したはジャージをはいて、上はトレーナーを来て過ごすこと。・・・ジャージをはいていると、自然とジャージが似合う女になっていく。」


【コメント】
なんか、わかるんですよね、最後の1行。女の子でも、雰囲気で、普段だらしなく家ではすごしてるんだろうな、というのを感じる人っていますよね。あとはジャージ来てそう、とか。勝手な想像なのかもしれませんが、普段の行動って、誰がみていなくてもその背景をオーラとして発揮してしまっているって、往々にしてあると思うんですよ。





「ものの定位置を決めるときのポイントは、すべてのものの定位置を一つ残らず決めること。・・・なぜすべてのものの定位置を決めるべきなのかというと、一つでも住所不定のものがあると、散らかる可能性が一気に高くなるからです。」


【コメント】
目からウロコでした。散らかっている物って、ようはどこに置いたらいいかを決めずにいるものなんですね。だからずっと地面に置いてあったりする。





「収納を開いた時に見える情報の多さが、部屋の中にざわざわ感をつくりだしているのです。とくに日本語が多い場合、扉を開くたびに視界に飛び込んでくる文字は、無意識のうちに情報として処理され、頭の中にざわざわと響きます。Kさんの場合、今日着る服を選んでいるあいだずっと、伊予柑・消臭と耳元でささやかれているようなものです。」


【コメント】
これもすごい共感。文字って否応なしに脳みそに直撃しますね。電車の広告とかも、強制的に情報をインプットさせられている感が半端じゃないですね。





「片付けをしたあと、多くの人が物欲が減ったといいます。それまではいくら服をもっていても今日着る服がない、と思っていたように、いつも不足感を感じていたけれど、片付けをしてときめくものだけが残っている状態にすると、必要なものはそろっていると思えるようになります。」


【コメント】
本当に、ありがとうと言いたいです。捨てることで、買うものをそれが本当に必要かどうかを見極められるようになりました。どうせ捨てるんだ、という思いが出てきてしまうものはもう買わなくなりました。捨てた時に、アホみたいな量になりましたからね。
ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

あらこう318

Author:あらこう318
月に10冊を目標に、ひたすら読書にはげみ、人間力を高めようとしています。
そのため、ほかの方が普段読む量の数倍の読書をしています。その中から、特におすすめできる本を紹介し、読書録も兼ねます。衝撃を受けたフレーズや、是非とも記憶にとどめておくべき文節を厳選して紹介いたします。友達申請歓迎です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク
提携先
検索フォーム
あらこう318おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。