スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野心のすすめ 林真理子著 ※162冊目



タイトル通り、野心について書かれた本。林真理子先生は、素直なんだと思う。文章を読んでいて、それが伝わってきた。だから素直に野心を持てた。
モチベーションが下がりがちだったり、野心家の人にとっては面白く読めるおすすめの一冊だ。売れている理由もわかる。




「私と同じくらいの年月を歩んできた人が、自分の数倍の教養をもっていることを知った時の驚きを忘れることはできません。その人には追いつけないかもしれないけれど、たとえば陶磁器を魅せられた時に、それがいつ、どこで作られたものかわかるようになりたい、舌を噛みそうな画家や作曲家の名前もきちんと発音したい。そう思って、専門家から古美術のレクチャーをしてもらったり、眠い目をこすりながら早朝の英会話のレッスンに通ったりしました。・・・歴史を学ぶ楽しさは格別ですが、自分はまだまだ何も知らないんだなあと知と教養の海を前にめげそうになることもしばしば。しかし、もちろん、作家として書いていく限り勉強を続けていくつもりです。」


【コメント】
例えば自分は本田圭佑や長友佑都、ダルビッシュ有やリブセンスの村上太一社長、ブロガーのイケダハヤト氏と同い年だが、本当に驚かせられることばかりで、差というものを意識せずにはいられない。だから勉強し続けるのだ。





「電車に乗って、向かい側に座っている初老の人をなんの気なし見ただけなのに、ああ、この人は豊かな暮らしをしていそうだなとか、この人は貧乏臭いなとか、パッと見の印象で瞬時にわかってしまうことがありますよね。靴をじろじろ見たり、別に詳しく観察しているわけではない、年をとってから安物ばかり来ている人はその佇まいだけで悲しい負のオーラを発してしまうのです。」


【コメント】
気品とか、その人の普段の生活がオーラとなってにじみでている。バレる。振る舞い方とか、そういったところに一番よく出る。





「一流の場所に行って気づくのは、一流の人たちって本当に面白いんですよね。どんな会話をしても、いちいち面白くて、行動から好きな食べ物、その全てが輝きを放っているのが一流の人々です。」


【コメント】
言えてると思う。ユーモアは必ずついてくるなあ。あれはなんでだろう。





「また、一流の日とか二流以下の人か、を見分けるポイントの一つに、有名人の名前の出し方があると思っています。二流以下の中途半端な人ほど、有名人のことをあー、○○さん?よく知ってますこの間も・・・・と自分が数分だけ会話をしたなけなしの経験をとく家に披露し始めたり、有名人と単に仕事上の付き合いで同席したことを、さもプライベートで親しくしているように話したりする。」


【コメント】
誰々さんと知り合いなんだよね、ということだったり、会ってくるとか得意げにいう人間がいるが、興ざめだ。虎の威をかる狐。自分が虎になれ。





「費やしたお金は何にいちばんわかりやすく反映されるかというと、会話のおもしろさだと思います。というのも、つい先日、知り合いの奥さんから、林さんと話していると、男の人は楽しいでしょうね。政治や経済のことだって話を合わせられるし、オペラや歌舞伎や小説のこともわかるし、あと美味しいワインやお店も知っているから。と言われて泣けるほど嬉しかったんです。」


【コメント】
ケチって本当に話したくもないくらいつまらんときがあるからな。





「人生には、ここが頑張りどきだという時があります。そんな時、私は、あ、今自分は神様に試されているなと思う。たとえば、仕事や勉強を必死でやらなければならない時なのに、ついつい気がゆるみ、ソファに寝そべってお菓子を食べながらテレビを見ているとします。しばらくするとハッとして、いかんいかん、この姿も神様に見られてるんだから、頑張らなきゃと再び机に向かうんです。ちゃんと努力し続けていたか、いいかげんにやっていたか。それを神様はちゃんとみていて、よし合格、となったら、その人間を不思議な力で後押ししてくれる。」


【コメント】
試されている、っていいな。少し客観を伴っているのがいい。





「当時の私は、上池袋の家賃八千六百円、風呂なしの四畳半のアパートに住んでいました。・・・貧乏で先の見通しは何もたっていなかったけれど、不思議と、落ち込むほどの悲壮感はありませんでした。当時は日記を書いていましたが、それも、いまに私は大金持ちになって貧乏時代を懐かしむ日が来る、と確信していたらから。これほどの貧乏はもう自分の人生にはないはずだから、将来の自分がすっかり忘れてしまうである貧乏生活の記録をつけていたのです。大金持ちになる根拠など何一つないのに、このままの私であるはずがないと思いながら、いつも何年後かの自分を想像していました。」


【コメント】
この、運命を信じる力、というのがどの成功者にも備わっている不思議な力だと思う。なりたい、とかじゃなくて、なるもんだと当然のように思っているところが秘訣と思う。確信しているような。






「私は常に、何十年後かの自分をより具体的に想像していました。汚い団地のおばちゃんになって、私も昔はきれいだったのよ、若くてピチピチしてたのよと言っている自分では絶対にあって欲しくないと思っていたのです。」


【コメント】
こうなりたい、の逆でこうはなりたくない、も確かに強く働く力の一つだ。自分も、あの頃は良かった、とか過去の栄光を延々と語り続ける糞ジジイにはなりたくない。常に現役でありたい。そっちのほうがかっこいい。プロフェッショナルという番組とかみると、齢70にして尚現役という人の生き様をみたりするが、心からカッコいいと思う。あれが本当のかっこよさだなって。





「私は直木賞以降の年月を自ら失われた十年ということも多いのですが、なにはともあれ、絶対にすべてを芸の肥やしにしてやる、と思って努力し続けていると、実は後で一番胸を張れる期間になっていたりします。たとえば仕事で干されたり、辛い時期に入っている人も、苦難は次のステップだと信じて、どうか頑張って欲しい。」


【コメント】
響く言葉だ。なんでもかんでも吸収してやるんだ、という気持ちで、ギラギラさせてやっていくのがとても大事なきがする。野心を持つなら。





「これは男性にも女性にも言えることかと思いますが、悔しい気持ちや屈辱感を心の中で、一定期間飼っておくというよりも飼わずにはいられない状況下でその悔しさを溜めて発酵させるだけではなく、温めて孵化させた人たちが野心を実現できるのではないでしょうか。」


【コメント】
発酵させる、というが、まさにそのとおりで、自分でもたくさんの想いを発酵させてきた経験がある。それは何かの制約を受け続けてきて、それが解放された時にこういった想いが爆発する。だから、コンプレックスとかは自分の力になるんだ。





「自分はこういう人生を送りたいという目標を決めたら、歯を食いしばってでも頑張ってみることです。野心が山登りだとすると、少し登り始めると、頂上がどんなに遠いかがわかってくる。・・・下を覗いてみると、登山口の駐車場ではみんなが無邪気にキャッキャッ楽しそうに群れている。でも、自分はぜったいその場所にはもう下りたくないと思う。自分はこの先、あの高いところまで登れるんだろうかという不安を常に抱えながら、ズルズルと下に落ちたくないから常に手を抜けない。・・・平地で遊んでいる人間には一生見えない美しい景色、野心を持って努力をした人間だけが知る幸福がそこにはあります。もちろん辛い試練だって待っているかもしれないけれど、野心という山を登ろうとする心の持ちようで、人生は必ず大きく変わってくる。」


【コメント】
正直今、歯をくいしばってる。だから共感する。野心のかたまりほど自分はエネルギーが余ってる。だからもっと上を目指して最高の景色を見たい。そのためならなんだってやる。覚悟はできた。やるだけなんだ。


スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「印税で一億円稼ぐ」 千田琢哉著 ※161冊目




売れっ子作家の裏側がわかった。そう言う意味で、なかなかこういった裏側を知れる本ていうのはないので貴重だ。
印税で1億円稼ぎたいのはヤマヤマだが、その前にクリアするべきハードルがあり、そこの部分についてはあまり触れられてはいない。しかし少し売れ始めた作家やブロガーなどが読むと、その先のステップへ進むためのことが具体的に書かれているので、非常にためになるのではないか。自分ももっとブログを充実させたり、文章を上達させることで、こういった人に一歩でも近づこう。



「プロの作家としていきていくためには、プロフィールはとても重要になってくる。・・ビジネス書の場合は、読者はプロフィールを一瞥して自分より格上か否かをチェックする人が多い。この著者から学ぶ価値があるか否かをシビアに判断されるのだ。・・・内容が面白ければ売れるというのは、甘いのだ。読者は自分が尊敬できる相手に面白い内容を教わりたいのだ。」


【コメント】
これはユーザー視点でいうと、まさにそのとおりとしかいえない。自分も、まずタイトルで気になったら、真っ先にプロフィールを見る。そこで何やらわけのわからない経歴をお持ちだったり、活躍ぶりが伝わってこないと、なんだ、本を書いてみただけか、とがっかりして、そこで2度とその本を手に取ることはなくなる。





「本を出すコツはありますか?という質問は多い。本を出すコツを知る前に、そもそも原稿を持っていない人が多い。・・・本を出したいのに、原稿をまだ一度も書いたことがないこと自体、本気ではない証拠だ。これからの人生を著者として生きていくのなら、企画があれば原稿なんて要らないよ、原稿なんて書いても読むのが大変だから無駄と言われても、こっそり隠れて書いてしまうのが才能なのだ。」


【コメント】
野球選手になりたい、というのは夢ではない。野球をやりたいのが夢だろ?って甲本ヒロトが言ってたけど、それに近い。原稿を出したいなら、原稿を書けばいい。原稿を書いて有名になりたい、というのは原理がおかしいということを証明している。





「処女作で増刷がかかると、2冊目以降が出しやすくなる。処女作がからきしうれないと、もう声はかけてもらえない。・・・出資者に媚びる必要はないが、出資者が何を望んでいるのかを知る必要はある。・・・そのためには好きなことを書くのではなく、得意なことを活かしてひたすら売れる書ぞ作にこだわることだ。・・・私の場合、処女作は得意だったけれど気乗りしない保険業界向けのビジネス書だった。幸い増刷が何度もかかって、今では好きな本を出せている。」


【コメント】
非常に大切な、世の中のニーズとの一致という話をされていると思います。近江商人の考え方で、社会・会社・顧客の全てにメリットをもたらすものがいい商売だ、というのに当てはめるとまさにこういうことが言えるのではないか。





「新天地のコンサルティングがい者では時間の流れが一変した。保険会社の1週間は、コンサルティング外車では半日だった。夜中の1時にミーティングを開いているのに、じゃあ明日の朝までにまとめておいてと平気で言われる。正確には日付はもう変わっていて、数時間後の今日の朝までだ。こうした精神的にも時間的にも圧縮された状態でこそ新しい自分の才能を見つけられたし、大きく飛躍できたという実感がある。・・・人生のどこか1年間くらい限界に挑戦するのもいい。1年間限定の修行僧のように生き抜いてみると、その先には一生ものの宝物が待っているのだ。」


【コメント】
自分の場合、今現在このブログを書いているこの瞬間、この時間も非常に圧縮された時間を、今までの人生の中では一番過ごしている。1年どころか一生続くほど感じられる遠い道のりだ。しかしそれでいいと思う。自分は限界への挑戦が好きなんだ。気が遠くなって投げ出したくなるような日もあるけど、結局また始めてしまうぐらい、追い込んで、その先の景色を見るのが好きだ。



ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「不格好経営」 南場智子著 ※160冊目






「それにしても、マッキンゼーのコンサルタントとして経営者にアドバイスをしていた自分が、これほどすったもんだの苦労をするとは……。経営とは、こんなにも不格好なものなのか。だけどそのぶん、おもしろい。最高に。」――DENA創業者が初めて明かす、奮闘の舞台裏。



「決定したプランを実行チーム全員に話すときは、これしかない、いける、という信念を前面に出したほうが良い。本当は迷いだらけだし、とても怖い。でもそれを見せない方が確率は格段にあがる、事業を実行に移した初日から、企画段階では予測できなかった大小様々な何代が次々と襲ってくるものだ。その壁を毎日ぶち破っていかなければならない。迷いのないチームは迷いのあるチームよりも突破力がはるかに強いという常識的なことなのだが、これを腹におとして実際に身につけるまでには時間がかかった。」


【コメント】
武将もはっきりいって、100%勝てるかなんてわかりっこないんですよ。それでも必ず勝てる、余裕だ、とそういうスタンスをとっていく必要がある。その言葉が下の人間に勇気を与え、パフォーマンスを完全に発揮できることにつながる。






「南場さんについていきます、と言われたら、全力で断る。自分を誰かに従属させたり、誰かひとりに惚れ込んで進路を決めたりするのはやめたほうがよい。・・・誰かが言ったことが常に正しいと思ったり、誰かに常に同意するようになったら、その人の存在意義がなくなるし、誰派的な政治の要素ともなり、組織を極端に弱くする。」


【コメント】
従属好きはいるけど、ある程度のリーダーシップは発揮できる代わりに、その人がいなくなると回らない非常にもろい構造になりがちだ。だからこそ、ついていく、とかではなく共に歩んでいくという気持ちで取り組んでもらえるのがいのだろう。






「経営者の集まりで後継者についてのk長柄を披瀝する人が多いことにも驚く。そんなに軽々しく話すことなのだろうか。・・・経営上の失敗を他人事のように話したり、任せた誰々がまだ未熟でなどといいながら酒を飲む人も意外と多い。たまには経営者同士グチを言って発散したくなるのだろう。ただ、なかにはもしかして本当にそう思っているのかもと感じる経営者もいて、空恐ろしいので近づかないようにしている。」





ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「ゼロ」 堀江貴文著 ※159冊目



誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。
失敗しても、またゼロに戻るだけだ。
決してマイナスにはならない。
だから、一歩を踏み出すことを恐れず、前へ進もう。

堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを失っても、希望を捨てないのか?
ふたたび「ゼロ」となって、なにかを演じる必要もなくなった堀江氏がはじめて素直に、ありのままの心で語る、「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」について。

【本書の主な目次】
第0章 それでも僕は働きたい
第1章 働きなさい、と母は言った──仕事との出会い
第2章 仕事を選び、自分を選ぶ──迷い、そして選択
第3章 カネのために働くのか?──「もらう」から「稼ぐ」へ
第4章 自立の先にあるつながり──孤独と向き合う強さ
第5章 僕が働くほんとうの理由──未来には希望しかない
おわりに



「ゼロになることはみんながおもっているほど怖いものではない。失敗して失うものなんて、たかが知れている。なによりも危険なのは、失うことを恐れるあまり、一歩も前に踏み出せなくなることだ。これは経験者として、強く訴えておきたい。」


【コメント】
失うことを恐るのもいいが、それは確実に防げるのか?とも思う。究極いったら明日生きてるかわからない世界だ。交通事故だってあるし、地震がくることも。全ては一瞬で続いている。今まで、安心だと思っていた状況が続いたためしがない。これで安心だ、といって何もしなくなることが最大のリスクだ。そしてその考えでいる人ほど、国が守ってくれると思っていて、その不満をぶつけてるだけで何もしなかったりする。





「いまとは比較にならないほど使いづらかったパソコン画面に、英数字によるプログラムを入力していく。すると美しい絵が表示され、音楽が流れ、ゲームの世界が立ち上がる。まるで自分が魔法使いになったような、とてつもない全能感に包まれる。・・・ファミコンのように誰かがつくった世界であそばされるのではなく、自分が遊ぶ世界を自分の手でつくることができる。」


【コメント】
自分との違いとして、ここが非常にあるだろうな。僕はドラクエ、すなわち誰かがつくった世界で、その中で最高を目指すのが好きで、楽しかった。一からつくることに快感を覚えなかった。そこがホリエモンは大きく違った。まさにクリエイターらしい発言に、衝撃を受けたのである。






「勉強でも、仕事でも、あるいはコンピュータのプログラミングでもそうだが、歯を食いしばって努力したところで対した成果は得られない。努力するのではなく、その作業にハマること。何もかも忘れるくらいに没頭すること。それさえできれば、英単語の丸暗記だって楽しくなってくる。」


【コメント】
ハマるときは、無敵なんですよね。本当に。ずーっとできるんです。アドレナリンかなんかが出続けているのでしょう。疲れたとか、つらいとかもないんです。だからこそのこの言葉でしょう。






「経験とは、時間が与えてくれるものではない。だらだらと無駄な時間を過ごしたところで、なんの経験も得られない。何かをまつのではなく、自らが小さな勇気を振り絞り、自らの意思で一歩前に踏み出すこと。経験とは、経過した時間ではなく、自らが足を踏み出した歩数によってカウントされていくのである。」


【コメント】
行動した数、待っていた数ではなく。やっぱり生きていれば、必ず何かは起こるわけで、なんも起こらない、ってことは無いと思いますが、それは皆一緒で、プラスアルファで何を起こせるか、だと思うんですね。






「起業しての数年のあいだは、私生活のすべてを捨てた。友達とも連絡をとらず、もちろん大学に行くことも、飲みに行くこともない。会社にベッドをおいて、毎日のように泊まり込む生活だ。誇張でもなんでもなく、睡眠以外の時間はすべて仕事に充てていた。経営者として会社を動かすのはもちろん、ひとりのプログラマーとして現場の最前線で働きまくっていたのだ。・・・4年くらい続いていた。いつどんなトラブルが発生するかわからないので、365日ずっと臨戦態勢だ。週末だろうとぼんや正月だろうと酒も飲めないし、旅行にもいけない。もちろん苦しいことでもあったが、当時はモードが切り替わり、仕事にどっぷりはまった。」


【コメント】
これって、意識的にやってたんじゃない。気づいたら、4年がたっていた、そういうことだろう。だから、意識してやるんではなく、はまる、という表現はとてもしっくりくる。







「お金よりも信用が価値を持つ時代はすでにはじまっているのだ。だから僕は言いたい。お金に投資する時代は、もう終わった。これからの時代を生きるあなたには、お金ではなく自らの信用に投資することが求められている。ほんとうに困ったとき、人生の崖っぷちに追い込まれたとき、失敗してゼロに戻ったとき、あなたを救ってくれるのはお金ではなく信用なのだ。」








「何事に対してもできる!という前提に立って、できる理由を考えていく。そうすると目の前にたくさんのやりたいことが出てくるようになる。あれもやりたい、これもやりたい、という状態だ。自分がほんとうにやりたいことはなんなのか、道に迷うこともあるだろう。僕からのアドバイスはひとつ、全部やれ!だ。ストイックにひとつの道を極める必要なんてない。やりたいことは全部やる。節操がないとか一貫性がないとか批判されようと、全部やりきる。僕はそうして生きてきた。」


【コメント】
この気持ちが、すごいわかって、自分もあれもこれもやりたい質だ。それに対して、欲張りなのかな、とかよく一つのことを極めなさい、みたいなことを言われたり感じるたびに萎えてきた。しかしそれを覆してくれるいい言葉だ。勇気が出た。






「子供の頃にもどりたい、という声をきくことがある。・・・僕にはこの気持ちがさっぱり理解できない。子供時代に帰ってどうするんだろう?いまさら小学生になって、何がしたいんだろう?」


【コメント】
同感すぎる。美化してるだけ。実際大人の方が余裕で楽しいし、しかも大人が子供に戻りたいとか、子供からしたら絶望しかないじゃないか。
だから俺は大人は楽しい、という。ていうか実際に楽しい。夜中だってチョコレート食べても怒られない。ゲーム何時間やっても怒られない。授業を受けなくていい。本当に授業は苦痛だった。同じ場所に決められた時間、座り続けなければいけないといのは本当にストレスだった。開放感がある。






「自由と責任は、必ずセットになっている。責任を自分でおうからこそ、自由でいられるのだ。子供時代を懐かしんでいる人は、責任の重みに耐え切れなくなっているだけだ。」








「ロケットとはまったく別ジャンルで、しかも数ヶ月のうちに結果がでるような小資本のプロジェクトをいくつも同時進行していくのだ。たとえば、新しいアプリやWebサービスをつくる。今の時代、やりかたさえ工夫すれば数十万円の資本でスタートアップできる事業だ。自分の本業なんて、決める必要はない。」


【コメント】
本業を決める、というのはある種諦めにも似てるのかなと。そのほかの可能性は閉ざしますよって。別に決めないでいろいろな可能性を探ればいいと思う。






「ぼくは人を信じやすいタイプだ。いや、信じたいと願うタイプだ。だから後に横領が発覚した役員や、そのほかの社員たちのことも、心から信じきっていた。結果的には背信行為に走った役員もいたわけだが、信じたのは僕だ。他者を信じることは裏切られるリスクを引き受けることでもある。」


【コメント】
贈る言葉という歌の中の、信じられぬと嘆くよりも人を信じて傷つくほうがいい、人は悲しみが多いほど人には優しくなれるのだからという歌詞を思い出した。






「僕はこれから、自分のやりたい仕事だけをやり、自分の進みたい道を全力で突っ走てっていく。そしてもし、僕の進む道とあなたの進む道が交差すると気が訪れたら、それほど嬉しいことはない。その時は一緒に、仲間として進もう。」


【コメント】
密かな夢だが、これだけ面白いことを考えている、ホリエモンといつか会っていろいろ勉強させてもらいたいなあとおもっている。ホリエモンが好きなのは、楽しそうなんだよな。最高に。やりたいことやってる、って感じ。







ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「人たらしの流儀」 佐藤優著 ※158冊目




北方領土問題など対ロ外交の最前線で、情報(インテリジェンス)活動を行ってきた「知の怪人」が、対人術の要諦を大公開。
「正しい情報を取るための二つのルール」「天に宝を積む」「人間として失ってはいけない大切な感覚」「相手についている『見えない値札』を見抜く」「オウム返し話法とお金の哲学」など、15のテーマを対話形式でわかりやすく解説。
情報の収集、分析、読書術、交渉時のかけひき、お金との付き合い方、人脈を広げるコツから活かし方まで、具体的事例を交えながら、対人関係の中で自分の能力を高めるノウハウを伝授する。
「ほんもののエリートとして必要とされる胆力は、人間関係によってしか鍛えることができない。そのための教科書として本書を活用してほしい」と著者は言う。
自己のインテリジェンス能力を高め、相手の内在的論理をとらえる。そして相手を惹きつけ、意のままに情報を引き出し、活用する――この対人術はきっとビジネスでも役立つはずだ。



「年収が200万円の人の場合は、5%。だから1年間のうち10万円を他者のために使う。支援とか、炊き出しにそれを還元するのです。そこから、発想が変わり、結果的にいろいろなものが回ってくるのです。」


【コメント】
人におごったりするのもこれに入る。人に尽くすと余裕が生まれる。余裕を買うんだと思えば、安い買い物だ。





「精読した本の中で、これはすごいなと思ったら、ノートに書き写すことです。そしてしばらく、時間を置く。これは発酵させると言い換えてもいいでしょう。この作業は絶対に必要です。だから私の場合、精読するときは頭脳とノートが完全に一体化している。」


【コメント】
このブログのことさ。正岡子規も、読書内容を忘れないようにひたすらノートに書き写していたらしい。




「舐めてもらっては困りますよ。という意思を、態度で示すということも人間関係の構築において、時には必要なんです。」


【コメント】
間接的にそれを出すのが一番効果ある。直接だと対立の恐れがある。
ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

あらこう318

Author:あらこう318
月に10冊を目標に、ひたすら読書にはげみ、人間力を高めようとしています。
そのため、ほかの方が普段読む量の数倍の読書をしています。その中から、特におすすめできる本を紹介し、読書録も兼ねます。衝撃を受けたフレーズや、是非とも記憶にとどめておくべき文節を厳選して紹介いたします。友達申請歓迎です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク
提携先
検索フォーム
あらこう318おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。