FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「誰も教えてくれない男の礼儀作法」  小笠原敬承斎著 ※166冊目




作法を身につけることがいかに大切か、というのは年齢を重ねるにつれてよくわかってくる。
そして、どうせ生きていくなら、美しい姿でありたいという願望がでてきたのだった。
そこでこの本を購入したが、本当に勉強になったし、普段の行いに意識づくようになってきた。


「忍耐力に乏しい人が増えているように思うのだが、少しでも先人たちを見習って欲しいものである。武士の中には短気な人も存在していたであろうが、忍耐強い精神力は、武士の目指すところでもあった。・・・徳川家康公の遺訓にこのようなものがある。人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し。急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし。心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基。怒りは的と思え。勝つことばかり知りて負くることを知らざれば害その身にいたる。己を責めて人を責むるな。及ばざるは過ぎたるに勝れり。」

【コメント】
この徳川家康の言葉は、座右の銘にしたいくらいの言葉である。特に、不自由を常と思えば不足なし、というのはおっしゃるとおり。鳴かぬなら鳴くまで待とうという言葉がここから来ていると思うと、非常にわかりやすい





「正しい姿勢で歩くと、こころも正される。武士の颯爽と歩く姿を頭の中に描きながら、男性にも洗練された歩き方を身につけていただきたいものである。」

【コメント】
意識していないと、歩き方はすぐ悪くなる。意識し続けることで、無意識レベルまで持っていけたとき、武士のような威厳が現れるのだろう。






「自分の感情をすぐにかたちに表すことはできる限り避けたい。たとえば、同行している人が暑い暑いと何度も声に出して言うと、こちらもますます暑い気分になることがある。だが、気温が30度を上回るような日に夏物の和服を涼しげな顔で来ている人の姿を拝見できたときは、それだけで涼しげな気分になる。」


【コメント】
脳天を直撃した。この言葉は僕は絶対に忘れない。感情を赴くままに出す、ということが善い行いだと思っていた時期があったが、それは子供のことなんだとわかった。大人は、きちんとした振る舞いをみにつけ、その場の誰にも不快感を与えずに過ごすことが社会を形成するうえで必要なんだと。




「目に立つことと同様、控えるべきことに、音の慎みがある。たとえばモノを置くときにも、なるべく音を立てない動作を心がけるべきである。それは大きくて重い荷物に限らず、食事中にワイングラスをテーブルの上に置く際にも、無造作にならないように、音がしないようにと気をつける配慮は忘れないでいただきたい。さらに、鼻をかむ音は現代においても相手の不快感に通じるので慎むべきである。・・・大事なことは、自分の気持ちのおもむくままに振舞うことは慎むべきという判断とそれに基づく立ち居振る舞いである。暑い時、寒い時、疲れている時、悲しい時、どのようなときにも常に周囲への配慮を忘れずに振る舞うのは難しい。だが、その難しさを克服した先には、磨かれた男性だけが持ち得ることのできる、優雅な立ち居振る舞いが存在する。」


【コメント】
音については、感じるものが多い。カレーを食べる時に、スプーンと皿がガチャガチャ当たるのを気にしない人がいたが、はっきり言って不快である。できるなら一緒に食べたくない。ワイングライスに限らず、ものを置くとき、ガチャガチャ音を立てるのも同様だ。そしてここにもあるように、それがどんな時であっても実行されているのが良い。苛立ってガチャガチャ行動とともにうるさい音を出す人もいるが、それもあまり綺麗ではない。生きているなら、せっかくだから美しくありたい、というただ単純な想いというのがないのだろう。まあ自分自身も最近になってようやくその思いが芽生えてきたが。





「おしぼりは、これから食事をする人の手を清潔にするためにと用意されているものであり、汚れた顔を拭うためのものではない。どんなにおしゃれで素敵な人であっても、おしぼりで顔を拭いた瞬間、品位に欠けた印象をつくりかねない。」


【コメント】
よくおしぼりを顔で拭いて注意された。でも今はその気持ちがわかる。汚らしい。そう思うことが、何より大事なのだろう。それを平気でできる時点で、やるな、と言われてもやっちゃうんですね。平気じゃなくなれば2度とやらない。





「有意義な話をきいたあと、相手に感謝の気持ちを伝えることがあるとしよう。そのようなときに参考になりましたという表現は、上からものをいっているような印象を与える可能性があり、相手に失礼である。このようなときは、貴重なお話を頂戴し、ありがとう存じますなどと誤解のない表現で素直に気持ちを伝えることが大切である。」


【コメント】
面白いと思いました。参考にする、というのは何をちょっと意見を吟味しとんねん、と思われかねない表現です。そこを普通にありがとうございますとか、勉強になりました、とかに変えるだけでその可能性は減り、印象がよくなる。言葉は、失言にならないようにあらゆる可能性を視野に入れ、チョイスしていく行為だ。


スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

「どん底からの起業術」 中村泰二郎著 ※165冊目




ストーンマーケット創業者、中村社長の本。起業を考えていた時に購入。
成功するまでのストーリーが社長の言葉で書かれており、読み応えあり。


「事業というものは必ずしも計画的に、用意周到に始めたからといって成功するものではないと考えている。むしろ腹を決めて一歩を踏み出さなければならない時期がある。すべての準備が完全に整って、何の心配もないなどという状況を待っていたら、いつまでたっても開業できないということにもなりかねない。・・・開業資金はいくら必要かということではなく、用意できるお金の範囲で、できる限り低く抑えることに全力を注ぐべきだということだ。」


【コメント】
よく言われることだが、準備の重要性は十分に理解しつつも、それを完璧にやろうとしすぎてしまい、動けない、という現象が起きる。本末転倒とはそのことだ。




「時間の管理で気をつけていることは、睡眠時間は最低5時間は取るようにしていること。それより短くなると次の日、頭がボーッとして1日使い物にならない。」


【コメント】
ショートスリーパーか、ロングスリーパーか、という議論が行われることがあるが、ロングスリーパーの場合は、本当にこれがあてはまる。自分も5時間を境に、パフォーマンスの低下が明らかになる。さらにミスも増え、いいことなど一つもない。それだったらいっそのこと寝てしまって効率をあげたほうがいい。





「女性をいかに戦力にできるかが事業の成否のカギを握っているといっても過言ではない。飲食業界で言えば、人気レストランの客の大半は女性である。彼女たちが店を気に入ってくれてはじめて、男性に声がかかり、結果、男性客が増えるといった流れになっている。」


【コメント】
成否のカギを握るとまではいかなくとも、女性の目を意識した経営を続けていくことは、どの企業でも必要になってくるはずだ。





「肉体的にも、精神的にも、どこかで息抜きをしたり、ストレス解消をしてリフレッシュすることが経営者には不可欠で、じつは経営うんぬんより、精神衛生、自己管理にたけているかが経営者の資質に関わってくるとさえいえるかもしれない。」


【コメント】
ストレスをためるやつは二流だ。ストレスたまっている自慢は本当じゃない。本当は、ストレスをなくすことに成功し、最高に楽しいということを言い切れるのが一流だ。



ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

そのノブは心の扉 劇団ひとり著 ※164冊目




AVOSはウケたけど、それ以外もそれなりに面白かった。やっぱ劇団ひとりは相当な変人だわ。変人ぶりを見たい人は是非この本で。


「そうだ。富士山に登ろう。その数日感は人間関係も仕事もすべてが不調で頭を悩ませていました。自己啓発ぼんを読んでも何ら解決の糸口は見えません。そこでそんな風に精神的にまいっているときは体力的に参ってしまえばいいと思ったのです。初戦は精神の苦痛など体の苦痛には勝てません。中学生の時、飼い犬が死んでしまって号泣しているときも下痢で腹が痛かった瞬間だけは悲しみを忘れていました。だから僕は富士山に登るのです。」


【コメント】
芸人は、体力勝負ではなく、精神力の勝負だから、疲弊することは容易に想像できる。きっと、本当に悲しいことがあった日でも、それを見せずに目の前の客を笑わせて、アホで悩みなんて何もない感じにしないといけない、というのは大変な商売だ。だから尊敬する。こういった、体力を消耗させて対策するというのは理にかなっている。実際、自分も精神的にまいってしまいそうなときには、サウナでひたすら汗を流し、体力を消耗し疲れることで睡眠が得られた。





「欲望とは裏腹に僕はAVを購入するたびに自己嫌悪になっていました。僕が理想とするストイックに自己管理ができる男とは程遠い、欲望に支配された情けない男になっていたからです。これは、どうにかしなければなりません。このままでは僕は僕を嫌いになる、いや、でも逆を言えばこの欲望さえコントロールすることができたなら僕は僕を好きになれる。そこで自分を好きなるためにもマイルールをつくりました。それはAVは日曜日に一本だけしか見てはいけない。もちろん、それに伴う行為もしてはならない、です。このルールを名づけてAVOSです。adult video only sundayの略です。」


【コメント】
マジウケる。でもこの悩みはずっとこの先も男子が悩み続けるものだろう。似たようなことをやったこともあった。結局挫折するんだが。しかしこれは、ナポレオンヒルが言っていた、性衝動を転換させ、昇華させることが成功者の素質であるということにつながる。性エネルギー=生命力の証であるから、これをただ闇雲に発散させるのではなく、そのエネルギーを別のものに転換できたとき、ものすごい能力を発揮できるはずだ。





「僕も生粋のネガティブシンキングなので、なんであんなことを言ってしまったんだろうとかあの人に嫌われたかもなんていつも頭の中で渦巻いています。・・・そんな時、僕の対処法。とりあえずガッツポーズします。拳を固く握り締め、よし!、と声を出します。うまくいけばこれで悩みあ吹き飛びます。・・・それでもダメだった場合、とにかく食べないようにします。極限まで腹を空かせるんです。すると、そのうちに脳の中で空腹という現実問題が悩みを上回ります。あの人に嫌われたかも・・・ってゆーか、カツカレー食べたいなとなります。はっきいりって空腹に勝る悩みなど、日常レベルではほとんどありません。」
【コメント】

これに近いことを実践していた時期があった。小学生の時・・・自分は大便しているところを見られたら恥ずかしい、という固定観念が強烈な時代だった。だから、大便がしたくなるのを極限にまで恐れていた。今となっては笑い話だが、そのころは本当に悩んでいた。だから、大便がしたくなったときは、自分の場合は、息を止めた。そうすると、便意はなくなり、酸素を、酸素をくれ、となる。ギリギリまで息を吸わずにいると、そのころには便意はなくなっている。これはおすすめだ。
ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

すごい人の頭の中 ビジョネット著 ※163冊目



タイトル通りのすごい人たちの、半生の振り返りだったり、挫折経験や世の中を生きていくコツなど、それぞれの考え方を語ってくれている。シリーズ化されていて、3まで出ているようだが、まずは1つ目を読んでみる。
こういう本でいいのは、いろいろな会社の社長を知れることで、あのサービスをやっている会社の社長はこういう思いなんだ、と少し世の中の視点が広がることだ。
ピザーラの社長とかも出ていたが、けっこうイケメンだったのが意外だった。(どないやねん)



「リーダーに必要なのは有言実行ということです。目標に向かって、自分がどこまで行動を示していけるかだと思うんです。たとえば、野尻は社内の廊下やエレベーターにゴミが落ちていれば率先して拾う。いくら提案しても、リーダーが率先してやらなければ、社員はついてこないからだ。(野尻佳孝)」


【コメント】
当たり前のことと言われればそうだが、意外と言葉では言ってて全く実行されていない場合がありますからね。確認の意味で。




「少しだけアルバイトをしたことがあるんですが、僕は何か支持されると、そうじゃない、こうやるべきだろうとすぐ思ってしまうんですね。こういう人は、従業員には向かないわけです。仕事とそれに基づくリターンがしっかりしていることじゃないと、身が入らないんですよ。リターンとは主にお金ですが、自分の社会における価値の証だと考えているんです。やらなかったら入ってこなくてかまわないけれど、やったらそれに見合った分だけ入ってきて欲しい。人に雇われるとなると、そういうわけにはいかないですから。(板倉雄一郎)」


【コメント】
創業する人の理由にこの部分は少なからずあると思います。逆に言うと、それが嫌なら創業すればいいということですね。自分でビジネスやらないなら、従業員であることに不満をいう権利はない。それは出来ない自分へのただの正当化するための言い訳でしかない。





「そのときはすごかったですね。父親は脳血栓で倒れてからずっとリハビリ状態でしたし、自分は全身やけど。事業に失敗して借金を背負い、家まで売って、そして母親がガン。これは普通だったら一家心中しかねない状態ですよね。ところが幸いなことに僕は陽転志向だった。もうこんなに悪いことは人生で二度とないだろうなというくらいに考えていたんですね。(浅野秀則)」


【コメント】
起業家の挫折経験は自分に勇気を与えてくれる。たとえば、人間の悪い癖で、悲劇のヒーロー気取りになって、まるで自分だけが世界一不幸みたいなこと言って、くよくよするのが趣味になってるときがあるけど、こういうことを聞くと、自分の状況なんて、クソほどでもないんだと、わかるわけです。





「19歳で起業してから今ままで数々のチャンスを掴んできた近藤も、大きな挫折を2回経験している。1回目は、東京に出てきて知人と共同で携帯ビジネスを始めたとき。テレビやラジオなどのメディアにも取り上げられさあここから勝負だと思った矢先、その知人に裏切られたのだ。しばらくは住まいの切れた電球を取り替えることもしないくらい、何をする気力も湧かなかった。しかし近藤はあきらめずに東京にとどまる決意をする。(近藤太香巳)」


【コメント】
裏切られたのは、信じていたから。まずは信じることが非常に大事。そして裏切られる経験をすることで、より人を見る目が養われる。





「まず、ものとを決めるとき、必ず自分で意思決定すること。人間は弱いから、あなたはこれに向いているよって言われると、そうかなと思う。会社を選ぶときでも、この会社は大きいから大丈夫だとか、上場しているから大丈夫だとか、そういうふうに物事を見てしまうと、僕はダメだと思う。自分がやってみたいなと思うものを、自分で選択することが大切なんです。(近藤太香巳)」


【コメント】
マイクタイソンもいっていた。文句を言うなら、全部自分で決めろ、とね。自分で決める練習が圧倒的に足りないんですよ。運命論者もいいけど、決めていかなくては。





「起業家にはあくことなき上昇志向、事業欲が必要ですね。僕の場合は、完全に物欲から始まっているんですよ。でも、それが実現してくると、本当にお金持ちになりたかったのか、と自問自答するようになるんです。結局、僕は自分がどこまで成長できるか、世の中に通用するか、そういうことにチャレンジすることが好きなんだな、ということがわかってきた。物欲だけだったら、きっとここまでやっていないと思うんですね。(平野岳史)」


【コメント】
ドラクエが楽しかったのは、強くなっていくところ。だから、お金だけでは満足しないんです。






「ホスピタリティの考え方が徹底されているカシータのスタッフには、意外にも高級ホテルで働いた経験のある人間はいないのだという。これはなぜなのだろうか。それはスタッフはフレッシュアンドフレンドリーでなくてはいけないという考え方からきています。これはアマンリゾートで勉強したことから自分でつくった言葉。ヨーロッパやアメリカの高級ホテルでは、ドアマンひと筋何十年、といった高齢の方が笑顔で接客してくれるんですが、どうしても威圧感があるんですよね。ところが、アマンは世界一といってもいいリゾートホテルなのに、スタッフにホテル経験者はほとんどいなくて、年齢はみんな20代、ホテルの従業員としてのスキルは持っていないけれども、お客様に徹底的に楽しんでいただこうという気持ちをひとりひとりが持っている。若いスタッフが経験ではなく、本当にホスピタリティの気持ちを笑顔に表して、なんでもしてくれるわけですね。それで十分、ゲストとしては幸せになれるんですよ。」


【コメント】
的を射ているというか、そういうことってあるね、って感じだ。高級感を意識しすぎて、それが近寄りがたすぎるときがあるんだよなあ。なんかあの感じは好きになれない。受け入れる気、ゼロで上から目線で。品評されているみたいだから。




ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

あらこう318

Author:あらこう318
月に10冊を目標に、ひたすら読書にはげみ、人間力を高めようとしています。
そのため、ほかの方が普段読む量の数倍の読書をしています。その中から、特におすすめできる本を紹介し、読書録も兼ねます。衝撃を受けたフレーズや、是非とも記憶にとどめておくべき文節を厳選して紹介いたします。友達申請歓迎です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク
提携先
検索フォーム
あらこう318おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。