FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「現実を視よ」 柳井正著




「この本を書くことは、一経営者としては正しい判断ではないかもしれない。だが、書かずにはいられない」。
いまだにほとんどの日本人は「この国は豊か」と思っているだろう。それがいかに「現実」とかけ離れた思い違いか、本書を読めばわかるはずだ。
勃興するアジア経済から目を背け、「未来からの借金」で身の丈の2倍の生活をする日本人。借金を返すどころか「増税」という愚策しか打ち出せない日本政治。
なぜ国民も、政治家も、「稼ぐ」ことを忘れて「貰う」ばかりになったのか。松下幸之助や本田宗一郎が体現した「資本主義の精神」はどこへいったのか。
「グローバル化の尖兵」を自負するファーストリテイリングの経営トップが見詰める世界と日本の「現実」とは。「成功法則」のない時代に企業と個人がもつべき「視点」とは。
「あなたが変われば、未来も変わる」。本書はこの国を愛する企業家が身を賭して著した警醒の書であり、希望の書である。


「経済成長を否定する識者のなかには、別に豊かでなくてもよい、という言い方をする人もいる。その発言はあまりにも無責任ではないか。清貧の思想からは、何も生まれてこない。もっと豊かになりたいと思うから、人は創意工夫し、努力を重ね、成長する。・・・まずしくてもよいと軽々しく口にする人は、ほんとうの貧困を知らない。」


【コメント】
矢沢永吉も、金で買えないものがある?ふざけるな!貧しいことがどんなものか知っているのか?というような趣旨のことを言っていたが、それに通ずる部分がある。清貧というのは本当にそうで、貧しいことこそを美化するような風潮は良くない。



「企業側が何を売りたいか、ではなく、顧客は何を求めているかを追求するのがビジネスの要諦。こう喝破したのは、私が尊敬してやまないピータードラッカー。いわゆる顧客の創造である。・・・その企業がほんとうに顧客の立場に立って、何が欲しいのか、何を求めているのかを頭がショートして煙が出るくらい考えなければ、ビジネスは成功しない。」


【コメント】
頭がショートするぐらい、というのがいいですね。そんぐらい考えて当たり前。





「いまや高校や大学を卒業したら、ほとんどの人は民間企業に就職する。それ自体は悪いことではない。そこで仕事に必要なスキルを学び、身につける。そうやって実力を蓄えながら、世の中にどのような価値を提供できるかを考え抜いて、それが見つかった時には、自分で起業する。資本主義に適応するというのは、そういうことだろう。ところがいつからか、会社に入ったらそこで最後まで働き続けて、上司から支持された仕事をこなすだけの生き方が日本では主流になった。・・・資本主義の原理とは競争である。競争に勝つだけの力がなければ、報酬も手に入らない。だから勝てるようになるために自分を磨き、爪を研ぐ。」


【コメント】
これだよ、これ。出世意欲もなくて、ただ会社に言ってりゃいい、っていうふうにさせてしまった企業が問題だと思う。その人自身というよりか。要は仕組みでいくらでも働く意欲はかきたてられると思う。




「自分で経験し、痛い目にあって実感しないかぎり、成功に必要な原理原則は絶対に手に入らない。」


【コメント】
本当にそう思いますね。。。痛い目に会うまでは、自分は痛い目にあわないんじゃないか、というどこか変な過信があるんですよ。僕はダブルパンチをくらったことがあって、非常に警戒するようになりました。物事を。




「若い頃から、寝る前に続けてきた作業がある。自分の考えをノートにまとめること。自分の仕事を通じて、将来、どういう人物になっていきたいのか。自分の会社を通じて、この世にどのようなことを実現していきたいのか。自分の生きてきた証をいかに世に残すのか、。どれだけ社会貢献できるのか。そんなことを少しづつ、私はノートに書き連ねてきた。ノートに書くのは、自分の夢や理想だけでなく、時に不安や悩みのこともあった。それらを文字にまとめることで、不思議と自分のモヤモヤが晴れていく気がした。血を吐くような不安に襲われても、私はこうすることで、なんとかひと筋の坂道を登ってくることができた。」



【コメント】
こういうのをきくと、ああ、なるべくしてなったんだな、ユニクロは、と思う。



「スマートに戦う必要はない。価値に通じると思えば、なんでもやること。」






「苦しい時ほど、理想をもつことが大切になる。こうなりたいという理想があれば、いろいろなものが見えてくる。3年後は海外で活躍するビジネスパーソンになる、と理想を描けば、英語力をつけるために勉強する、資金を集める、グローバルに展開している企業に転職する、と、やらなければならないことが、たちまち具体的になる。・・・理想は小から実現するものでもない。私の経験から言っても、大きければ大きいほど頑張れるし、エネルギーも出る。」


【コメント】
うん、目標や理想だよ。辛い時に必要なのは。慰めの言葉じゃない。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あらこう318

Author:あらこう318
月に10冊を目標に、ひたすら読書にはげみ、人間力を高めようとしています。
そのため、ほかの方が普段読む量の数倍の読書をしています。その中から、特におすすめできる本を紹介し、読書録も兼ねます。衝撃を受けたフレーズや、是非とも記憶にとどめておくべき文節を厳選して紹介いたします。友達申請歓迎です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク
提携先
検索フォーム
あらこう318おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。