FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」 堀江貴文著 徳間書店 ※137冊目




2013年3月27日に仮釈放された堀江貴文、釈放後初の新刊。収監中も鮮度の高い情報を発信し続けた著者による、若者のためのビジネス書。獄中という状況を感じさせない未来を見据えたビジネスアイディアの数々に加え、本書では、それを実現するためのメソッド、思考を読み解く手引きとして、メールマガジン読者とのQ&Aを再構成の上、収録。さらに特別解説として、著者のよき理解者である文化人類学者・船曳建夫氏、夏野剛氏、藤沢数希氏、西村博之氏ら識者が、著者の思考の補助をしつつ、合理的思考を説く。カバーイラストは漫画家の西原理恵子氏。



「Q:2年後のMBA進学を目指す、ITベンチャー勤務の25歳です。目標のため勉強したいのですが、平日は朝から終電まで仕事で、少しでも睡眠時間を確保したいために、勉強時間が取れません。土曜は午前中から英会話に通いますが、午後は平日にたまった披露から激しい睡魔と倦怠感に襲われます。夜は残った仕事をしたり、それがないときは週に1度の気晴らしで飲みにいったり。日曜はようやくまとまって眠れる火のため、昼過ぎに起きて、そこから勉強開始ですが、物理的に結局5時間前後くらいしかできない現状です。このような多忙の中、時間を確保するコツなどはありますか?A:生活が終わっていますね。コツとかないですけど、この状況でとなると、まずは家賃が高くても狭くても我慢してください。飲みにいったり買い物に行かないでください。飲みたければ、家でねる前に缶ビールでも飲んでください。会社の休み時間も休まず、食事は全部自分のデスクで仕事しながら食べてください。同僚に頼むなりして、買いに行く時間も節約してください。MBA進学したいので、もっと時間をくれと会社に直談判してください。」


【コメント】
東大受験時に極限まで時間を切り詰め、見事合格した堀江氏ならではの言葉だ。




「テレビやネットの普及で、東京のギラギラしたマネーゲーム社会が、日本のスタンダードみたいに思われちゃったせいかもしれないです。でも、あんなの幻想だと思うんですよ。地方とかで特に定職もなく、毎日ゲームしながらゴロゴロしているのが本当に幸せな人生だとかんじるなら、僕はそれでいいと思います。ビジネスそのものが楽しい!って思う人がビジネスをするのも全然いい。・・・堀江さんも同じだと思う。今すすめている宇宙事業も、儲けとかじゃなく堀江さん本人が真剣にやりたかったことでしょう。だからライブドア時代みたいな利益は出ていないかもしれないのに、生き生きしていますよね。(ひろゆき)」






「これからアドバンテージをとれるのは、努力より語学です。今後グローバル化はもっと進むから、たいていの会社なら外国と何らかの仕事をせざるを得ないでしょう。そこで語学ができる社員なら多少能力が低くても、担当を任されたり、重宝がられます。・・・努力は別にしなくていいけど、好きなこと、やりたいことを見つけられたら、語学を学ぶとか最低限の工夫は必要だと思いますよ。(ひろゆき)」


【コメント】
ちょっと意外。ひろゆきってこんな将来のことを考えている人だったっけ?もっと今を楽しもう、みたいな感じのイメージがあったが。人は変わるな。




「劇作家の寺山修司はかつて、若者よ、書を捨てよ街に出ようと言いました。いまは違います。若者よ、引きこもってググれ、です。家にこもってググった方が、よっぽど新しい情報が入ってくるし、精力的に発信もできます。書は捨ててOK。街にでるのも無意味。あんな古くてデータ量の少ないアーカイブを頼りにしても、これからは役にたちません。引きこもってググれば、もう無限の世界、無限の情報にアクセスできるのです。(夏野剛)」


【コメント】
言いたいことはすごいわかる。あとは、そのググり方だよね。どんな方法でググるかで全く意味のないことだってあると思う。



「ブログやメルマガに限らず、最近のビジネスって、トップ1%以内に入らないと儲からないんですよね。もちろん趣味でやるなら全然いいのですけど、やっぱり99%は儲からない。だから、なんとか自分が1%になれる分野を探さないといけないわけです。(藤沢数希)」





「Q:堀江さんにとっての使命(人生の目的)って何ですか?A:使命とか崇高なものはないと思うんですよね。後悔しないようにやりたいことをやればいいんじゃないですかね。みんな考えすぎなんですよ。プライドが高いんでしょうか。」


【コメント】
堀江氏にロックを感じることがある。意味なんてねーよ、そんな大したもんじゃない。っていうようなね。そういうの嫌いじゃないんだよなあ。なんか、大げさにして無理やり盛り上げてるだけだろ、とか思うことありますからね。




「Q:堀江さんの著書で貧困層がファストフード中心の不健康な食生活になると書いてありましたが、貧困層とは具体的にはどのような人を指していて、その根拠はなんですか?A:所得が低い層です。そしてマスメディアとかの広告宣伝に乗せられやすい(悪く言えば騙されやすい)ので、ブランドものとか、高級品を無理して買って、食事は安くあげようとします。テレビとかで宣伝されているファストフード店によく行くようになります。安い店というのは脂肪や砂糖や化学調味料で味をごまかします。この3つが入っていると、どんなものでも旨いと感じますから。結果、不健康に太りやすくなります」


【コメント】
食費を削るのは、それで不健康になって結果的に治療代が膨大にかかり、余計に損をする。食費を削る前にもっと削れるものがあれば、そこから削るべきだ。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あらこう318

Author:あらこう318
月に10冊を目標に、ひたすら読書にはげみ、人間力を高めようとしています。
そのため、ほかの方が普段読む量の数倍の読書をしています。その中から、特におすすめできる本を紹介し、読書録も兼ねます。衝撃を受けたフレーズや、是非とも記憶にとどめておくべき文節を厳選して紹介いたします。友達申請歓迎です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク
提携先
検索フォーム
あらこう318おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。