FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1時間の食事で男の器量は透けて見える」 松尾知枝著 ※148冊目


元CAで、合コンアナリストとして活躍中の著者が、成功する男、成功しない男を分析! 「空気を読めない男はすぐコースを頼みたがる」「店内では女性をまず先に歩かせる」『あがり』『おあいそ』などの言葉を使うのはかっこ悪い」……デート、食事での正しい男性の振る舞いを自身の経験から解説。また著者一押しの「口説けるレストラン」も掲載。



「1流のレストランにいくと、会話に夢中でいつのまにかグラスに水が注がれていたということがあります。給仕の気配を全く感じさせないのです。究極を言えば、気遣いを相手に感じさせないほど自然にできるのが、本当の気遣いなのではないかと思います。」


【コメント】
気遣い上手は、気遣い上手と思われていないかもしれない。それは気づかないように気を使っているからだ。そこに美学がある。




「最初は、数いるメッシーの一人だったとしてもいいではないですか。最終的に彼女が心を開いてくれればあなたの勝ちなのですから。お肉をおごるのはいわば先行投資です相手にとってほしがるリソースを持っていると人間関係を有利に運ぶことができます。悲しい時にはシャルドネがいいんだよ。仕事の壁にぶつかって落ち込んでいるとき、真夜中にワインとワイングラスを持って私の家に訪れたのは今の夫です。あれから1年後、悲しい時にはシャルドネがいいって言ってたけど、あれは本当?・・・・・え?あれはただの口実だよ、口実。」


【コメント】
海外リーグに移籍した選手が、ヨーロッパはとにかくゴールが決まれば、やり方はどうだっていい、というのを強く感じたと言っていた。日本人は、美しく決めようとするが、むこうは下手でもゴールは決めるという。
それは手段と目的の話だ。目的を達成することに、セオリーを求めるな。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あらこう318

Author:あらこう318
月に10冊を目標に、ひたすら読書にはげみ、人間力を高めようとしています。
そのため、ほかの方が普段読む量の数倍の読書をしています。その中から、特におすすめできる本を紹介し、読書録も兼ねます。衝撃を受けたフレーズや、是非とも記憶にとどめておくべき文節を厳選して紹介いたします。友達申請歓迎です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク
提携先
検索フォーム
あらこう318おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。