FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スミスの本棚」 テレビ東京報道局ワールドビジネスサテライト編著


本を紹介している本。その中でもなぜその本がその人にとって感銘を受けた一冊になったのか、などの背景が書かれているので普通に読み物として面白かった。
よかったところ引用



「25才で会社を始めてから、だんだんと仕事がつまらなくなってきて、それで消費税が3%から5%に上がった時に消費が冷えて、売上がぐっとさがったことがあったんです。その時に大きな借金をつくってしまいました。もう、歩いても道路しか見ていないような感じでしたね。そこで自分なりに決めたのは自分が好きな人としか仕事をしないようにしようということです。好きな人たちといっしょに、好きなことを極めようと。一緒に働くひとたちも、嘘をつかない人、裏切らない人だけでやってみようと。そうしたら、お金がなくて、いろんなところで頭をさげて、誤って、お願いしてばかりいる毎日だったのに、楽しくて。どん底だったのに。(寺田和正)」


【コメント】
一緒に働く人たちが誰かで変わったというのはすごい。





「会社をやめるときは迷わなかったのですか?→迷わなかったです。25年間ためていたものに火がついた感じ。不安が出てきても、すぐに消えてしまう。興奮して眠れなかったです。・・・・辞表を出すときは周りのみんなから止められたんですけれども、日本だったら飯が食えなければバイトすればいいし、別に死なないと思ったんですね。書道ができればいい、なんとかなる、と。(武田双雲)」


【コメント】
みんな大げさすぎるときがあると思いますよね。ほんとに。僕も辞めるときはいろいろ言われましたからね。





「趣味はたくさんあって、本を読んだり、ゴルフをしたり、人と会ったり、お酒を飲んだり。本はね、買っておくのが好きなんです。まとめ買いして、多いときは2万円くらい。読まずに積んでおいて、何か困ったことがあったときに自分の本棚を見るわけ。(出井伸之)」


【コメント】
この方法は僕も同じです。




「2400万円くらいの借金を作っちゃたんですが、これを3年間で返済できた。兄のクリーニング店を手伝ったりして、それこそ一日3時間くらいしか睡眠を取らずに働きました。借金をきちんと返せたことは自信になりましたね。(池森賢二)」


【コメント】
ストイックですね。好きです。




「このまま大きな組織でチャレンジもしない人生で良いのか、死ぬときに後悔するのではないかという思いが抑えきれなくなって独立を決意したんです。(村石久二)」


【コメント】
この思いっていうのはとても大事で、死の床につくのは全員決まっている。その時にいったい何を思うんだろう。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あらこう318

Author:あらこう318
月に10冊を目標に、ひたすら読書にはげみ、人間力を高めようとしています。
そのため、ほかの方が普段読む量の数倍の読書をしています。その中から、特におすすめできる本を紹介し、読書録も兼ねます。衝撃を受けたフレーズや、是非とも記憶にとどめておくべき文節を厳選して紹介いたします。友達申請歓迎です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク
提携先
検索フォーム
あらこう318おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。