FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「20代のうちに知っておきたい100の黄金ルール」 大塚寿著 ※50冊目






就活で苦労したとき、仕事や人間関係で悩んだとき、組織に不満を抱えたとき、どう生きていいかわからなくなったとき……。20代のあなたは、そうした困難に直面したことがあるだろう。
だが残念ながら、働き方や生き方に関する回答は、ネットで検索しても出てこない。また、「失われた20年」のあいだに日本企業の組織はすっかりフラット化され、上司や先輩は相談に乗ってくれる時間も余裕もなくなった。そこで著者は、忙しい上司や先輩に代わって、右肩上がりの人生を目指す20代に贈りたい「100の黄金ルール」を1冊にまとめた。
1つひとつの「ルール」は、著者が延べ1万人に上るビジネスパーソンと接するなかで実感、体得したものだ。それを忠実に実行した著者は、20代でまいた種が30代で花開き、40代で年収が10倍になった。「そんな人は一握り」「いい時代に生きたのでは?」などと思うなかれ。「いつの時代でも通用するセオリー」が満載。



「私は、30代以降の人生が実りあるものになるなら20代の全てを犠牲にしても構わないと考え、人生設計を行いました。・・・・その結果40代になって過分な収穫を手にすることになったのです。」


【コメント】
現在20代で、うだつのあがらない日々は続くが、我慢の時とわりきり、30代で必ず開花させてやろうと意気込んでいる。




「もちろん、ワークライフバランスは重要です。ですが、ワークライフバランスは4年目からと割り切ってしまって、入社3年目まではマイペースも封印、できるだけ早く仕事を覚えるために猛烈な3年を送る方が、結局早くマイペースの仕事が許されるようになることをそっと伝えておきますね。」








「ビジネス社会を泳ぐ5つの作法。・・・まずは相手のメンツを立てること。とにかく何があっても年長者の顔をつぶすようなことをしてはいけません。どんなに能力や才能があっても、相手のメンツをつぶす人間は忌避されるものですので、とくに注意が必要です。2つ目は感謝することを忘れないことです。ちょっとした気遣いについても反射神経で感謝の意を示し続けましょう。・・・3つ目は相手の役に立つ人間になることです。・・・4つ目は自分が話すより、相手の話を聞く時間が長くなるように意識しましょう。とくに年長者に対し、自分の話の方が長い20代は好かれない傾向にあります。・・・最後は自分が手を上げることです。誰もが消極的になってしまうことであればこそ、自分が率先して手をあげることです。」


【コメント】
4つめの自分の話ばっかする20代は好かれない、というのはよくわかる。後輩とかですら、話がつまらないくせに長いとだんだんイラついてくるから。





「上司とそりがあわずに衝突をクリア得していました。何かにつけて細かくて、ねった企画も重箱の隅をつつくようなフィードバックをされて、しまいには手柄を横取りするようなタイプで、本当にこの人はセンスがないとか基本的に馬鹿なんじゃないかとイライラしていました。・・・・しかしそれから10年くらい経ったときに気づいたのです。自分がビジネスパーソンとして一番成長したのはそのときだったと。・・・上司を近視眼で評価しないこと、そして自分の成長という判断基準に沿って上司を評価してみると、別の側面が見えてくるはずです。」


【コメント】
パワハラ上司に何かされたこともあったが、その時は本当に嫌だったが、今思い出すと、あの時究極に鍛えられたなと。気をつかえなかったりしたら殴られていたあの日々。



「何かの知識や知恵というのは、結局のところ、人にきくか、本を読むかの2つしかないと、後にメンターに指導されましたが、まさにそのとおりでした。さらには、経産省によれば、私たちが1日に接する情報量が10年前と比較して1500倍になったといわれるくらいにインターネットが情報検索を革命的に便利にしました。」







「20代で本代や本を読む時間をけちってはいけません。・・・逆に言えば40代以降に成功し、何者かになっている人間の共通点というのは、20代で本を大人買いしていた人たちです。たまに本屋さんでみかけませんか、まるでスーパーでものを買うように何冊も入ったカゴをレジで精算する人を。」







「私自身は2012年にはついに50代に突入しますが、・・・・輝いていたのはやはり自己実現に近づいた今じゃなくて、挫折感と不安にまみれながらも今に見ていると拳を握り締めていた20代だったのです。」



スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あらこう318

Author:あらこう318
月に10冊を目標に、ひたすら読書にはげみ、人間力を高めようとしています。
そのため、ほかの方が普段読む量の数倍の読書をしています。その中から、特におすすめできる本を紹介し、読書録も兼ねます。衝撃を受けたフレーズや、是非とも記憶にとどめておくべき文節を厳選して紹介いたします。友達申請歓迎です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク
提携先
検索フォーム
あらこう318おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。