FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「遊ばない社員はいらない」 高島郁夫著


「おはようございます、この一言でその人の一日がわかる。・・・・気持ちのいい挨拶もあれば、眠そうな挨拶、義務のような挨拶もある。どうせなら挨拶で自分のテンションをあげればいいのにと思う。」

「私はよく遊ぶ方だとおもう。何が遊びたと言われても一言では言えない。毎晩12時間前に家に変えることはないし、トレーニングを含め、土日もほとんど家でゆっくりなんてことはない。」



→アグレッシブですねー。これをさらっというあたりが社長ですね。



「かっこいい爺さんたち、誰も太っていない。みんな運動している。運動と長生きはおそらくそんなに因果関係はないと思う。しないよりしたほうがましという程度ではないだろうか。・・・しかし、元気であるということは気の持ちようだから、運動を通じて爽やかになったり、適度な疲労感からくる純度の高い睡眠は生きている時間を密度の濃いものにしてくれるような気がする。」



→ブヨブヨのだらしない体型を平気で維持している爺さんと、引き締まった体型の爺さんだったら、どっちになりたいか。よく考えれば誰でもそう思うはずだ。それなのに運動せずに怠けているのはあきらめでしかない。



「ある商店街で、10人でキャベツ売りをしたとしよう。まったく同じキャベツで、同じ値段である。そうすると同じものなのに必ず1位から拾10位まで順位がつく。この差はなんだろう。つまり売り人の言葉やしぐさで売れ行きが変わるということだ。これが商売の原則ではなかろうか。あるお客様は売り日との元気のいい言葉に、新鮮さという差を想像したかもしれない。また或お客様は今晩これでロールキャベツをつくったらうまいよぉ、奥さんと言われ、夕食のときの子供たちの笑顔を想像したかもしれない。このシンプルなキャベツ売りのなかにもクリエイティビティの差がある。どういう商品をつくろうか、どういう店舗にしようか、どんな広告をしようか、もっと新しいサービスはないだろうか、あるいはどんなふうに企業を発展させようかに至るまで、ありとあらゆるクリエイティビティが求められている。」



→この言葉は特にわかりやすく本質をついていると思うし、何事も必然的に順位がつくという戒めにもなる。10人の営業がいれば、1位から10位の売上をつけることができるし、10人の店長がいれば1位から10位までの店長がいる。



「たかだかランニングといえども、我々トライアスリートから言わせてもらうと、キャップではなくバイザーに。ソックスは短めしかダメ。ウェアの綿素材は禁止。シルエットはタイトに、である。汗をかくのは仕方がないが、汗臭く感じさせてはいけないのである。綿のTシャツが汗でびっしょり濡れている人がいるが、絶対にもてない。」



→この感覚をもっておくのってすごく大事だと思う。綿のTシャツで生じる脇汗のダサさといったらないし、脇汗をかいているのがもろわかりだ。



「私の場合、入社以来の上司ができる上司だったことがよかった。外国人であったが、マネジメントを理論で、そして実践で教えてくれた。当たり前なのかもしれないが、どうしたらいいんですかと問いかけると必ず、君はどうしたいと思うんだねと切り返された。それが正しければ、じゃあ一度それでやってみなさい、間違っていれば、それもよいかもしれないが、こういう考え方はどうかねと別のやり方を説明してくれた。それも、こちら側を真っ向否定せず。たったこれだけのことだが、できない人がほとんどである。つまり、部下に考えさせる。」

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。運営を続けるため、1クリック応援宜しくお願いいたします!
ビジネス書 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「遊ばない社員はいらない」 高島郁夫著】

遊ばない社員はいらない(2010/11/12)高島 郁夫商品詳細を見る「おはようございます、この一言でその人の一日がわかる。・・・・気持ちのいい挨拶もあれば、眠そうな挨拶、義務のような

コメントの投稿

非公開コメント

放送事故やばい

0E9E090v
N○Kがまさかの放送事故・・・
こんなエロイ事あっていいのかよ、おいwww
http://2tA4Ulvf.sex-nhk.info/2tA4Ulvf/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あらこう318

Author:あらこう318
月に10冊を目標に、ひたすら読書にはげみ、人間力を高めようとしています。
そのため、ほかの方が普段読む量の数倍の読書をしています。その中から、特におすすめできる本を紹介し、読書録も兼ねます。衝撃を受けたフレーズや、是非とも記憶にとどめておくべき文節を厳選して紹介いたします。友達申請歓迎です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク
提携先
検索フォーム
あらこう318おすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。